高津区版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

市営2施設 「友引」 火葬受け入れへ 夏冬に12日ずつ開場

社会

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena

 市営火葬場のかわさき北部斎苑(高津区)とかわさき南部斎苑(川崎区)では、近年の火葬需要の高まりを受け、今年度から「友引日」の受け入れを本格的に始める。夏場の対応や冬のピーク時の待機緩和、高齢化による多死社会への備えなどが目的だ。

 友引日を開場するのは、両施設ともに7〜9月と12〜2月の年12日ずつ。亡くなる人が増える傾向にある冬と、遺体の保管費用がかさむ夏に重点を置いた。特に冬場は、遺族が1週間ほど待たされる場合もあるという。

 市生活衛生課は「友引日も稼働させることで、こうした状況を改善していきたい」としている。

両施設で年間1万件超

 指定管理者が運営する両施設の開場日は、2016年度で年間304日。これまで友引日は、館内清掃やメンテナンスなどを行うための休業日としてきた。

 しかし、火葬件数は年々増え続けており、16年度は2施設合わせて1万353件。2年前よりも1120件増えた。1日の受け入れ枠は、南部が22件、北部は改装中のため15件となっている。現状では対応できているものの、市は「今後は枠を超える可能性もある」と判断。そのため、市は16年度の友引日の2日間を両施設で試験的に開場し、17年度にも4日受け入れた。利用件数は16年度が41件、17年度が76件だったという。

 一般的に、友引日は「友を引く」との見方から葬儀や火葬は縁起が悪いとされ、避けられる風潮があった。しかし、試行期間中の市のアンケート調査によると、民間の葬儀事業者からは「無宗教であれば葬儀を行える」「早期火葬で遺族の費用負担が軽減できる」など、肯定的な意見が多かったという。

 市は「近年の価値観の多様化や在日外国人ら宗派の違いなどで、友引日に対する抵抗感が薄れつつある」と分析する。次年度以降の方針は未定としており、今年度の状況を踏まえて検討していくとしている。

高津区版のトップニュース最新6

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

「民話オペラ」いよいよ

29日「カルッツ」にて開演 高津区ゆかりの面々も参画

「民話オペラ」いよいよ 文化

9月27日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

「ハシゴめし」で魅力PR

大山街道沿い飲食店有志

「ハシゴめし」で魅力PR 文化

逸品振る舞う企画実施へ

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク