高津区版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

市営2施設 「友引」 火葬受け入れへ 夏冬に12日ずつ開場

社会

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena

 市営火葬場のかわさき北部斎苑(高津区)とかわさき南部斎苑(川崎区)では、近年の火葬需要の高まりを受け、今年度から「友引日」の受け入れを本格的に始める。夏場の対応や冬のピーク時の待機緩和、高齢化による多死社会への備えなどが目的だ。

 友引日を開場するのは、両施設ともに7〜9月と12〜2月の年12日ずつ。亡くなる人が増える傾向にある冬と、遺体の保管費用がかさむ夏に重点を置いた。特に冬場は、遺族が1週間ほど待たされる場合もあるという。

 市生活衛生課は「友引日も稼働させることで、こうした状況を改善していきたい」としている。

両施設で年間1万件超

 指定管理者が運営する両施設の開場日は、2016年度で年間304日。これまで友引日は、館内清掃やメンテナンスなどを行うための休業日としてきた。

 しかし、火葬件数は年々増え続けており、16年度は2施設合わせて1万353件。2年前よりも1120件増えた。1日の受け入れ枠は、南部が22件、北部は改装中のため15件となっている。現状では対応できているものの、市は「今後は枠を超える可能性もある」と判断。そのため、市は16年度の友引日の2日間を両施設で試験的に開場し、17年度にも4日受け入れた。利用件数は16年度が41件、17年度が76件だったという。

 一般的に、友引日は「友を引く」との見方から葬儀や火葬は縁起が悪いとされ、避けられる風潮があった。しかし、試行期間中の市のアンケート調査によると、民間の葬儀事業者からは「無宗教であれば葬儀を行える」「早期火葬で遺族の費用負担が軽減できる」など、肯定的な意見が多かったという。

 市は「近年の価値観の多様化や在日外国人ら宗派の違いなどで、友引日に対する抵抗感が薄れつつある」と分析する。次年度以降の方針は未定としており、今年度の状況を踏まえて検討していくとしている。

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク