高津区版 掲載号:2018年4月20日号
  • LINE
  • hatena

川崎市 千人収容会議場 開館 記念式典に400人超

社会

式典が行われた多目的ホール
式典が行われた多目的ホール
 武蔵小杉駅北口に建設されたタワーマンション内に「川崎市コンベンションホール」が4月16日、

開館した。市内初の本格的な会議場として、大学や研究機関と民間企業の連携など、交流の場としての活用が期待される。

 完成したホールを会場に記念式典が行われ、関係者ら400人超が出席。福田市長のあいさつ後、東京理科大学の藤嶋昭名誉教授が開館記念講演を行った。また、午後3時からは一般向けの内覧会が行われ、市民512人が訪れた。

 同ホールは「パークシティ武蔵小杉ザガーデンタワーズイースト」の2階に位置し、仕切りで3分割できる921平方メートルの多目的ホールのほか、控室や4つの会議室を擁する。市としては企業や研究機関を対象に、国際会議や学術会議、講演会、式典などのビジネス利用を想定。千人規模の会場が建設された。武蔵小杉駅から徒歩約5分の立地や交通の利便性に加え、防音性に優れた設計のため、社外秘会議にも優れている。

 運営は市から委託を受けたコンベンションリンケージが行う。同社はG7伊勢志摩サミットなどの企画運営や、全国の既存コンベンション施設の管理運営の実績がある。ホールマネージャーの奥村卓也さんは「注目されていることを実感。交流の場の核となり市内のさまざまな場所へ経済効果を及ぼす施設にしていきたい」と話した。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しみながらエコ学ぶ

楽しみながらエコ学ぶ

12月15日 高津市民館

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇七四回「若き日々」

    高津物語

    12月14日号

  • 高津物語

    連載第一〇七三回「平賀栄治【2】」

    高津物語

    12月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク