高津区版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • hatena

2018ミス・ユニバース・ジャパンで神奈川県代表としてトップ5に輝いた 伊藤 涼香さん 宮前区在住 23歳

能力を活かして人に感動を

 ○…3月に開催された2018ミス・ユニバース・ジャパンに、神奈川県代表として出場。惜しくもグランプリは逃したが、見事トップ5に選出された。「悔しい」。正直な気持ちが口をつくが、周囲の喜ぶ姿や、かけてくれる高い評価の声に、「自信になった。やり残したことはないので、次につながる悔しさになりました」と晴れやかだ。

 ○…京都出身。学生時代はクラシックバレエやチアリーディングに取り組んだが、「努力はしたけど、才能がなかった」と苦笑。当時は「人を容姿で評価するなんて」とミスコンにも嫌悪感があった。しかし大学時の米国留学で考えが一変する。アメフト部のトレーナーを務めた際、地元のスター的存在である選手らが病院を慰問。子どもたちが心から喜んでいる様子をみて「人の魅力が他者に与える力を実感し感銘を受けました」。そして「自分の持っている能力を活かして人に感動を与えられたら素晴らしい」と、周りの薦めもあり、178センチの高身長を活かしてミス・ユニバースへの挑戦を決めた。

 ○…昨年大学を卒業しIT関連の会社に就職。単身生活を送る。「宮前区は都会的な部分とのどかな雰囲気もあり、暮らしやすいです」とほほ笑む。国内の大学在学中もアメフト部に関わっていたことから、聖地のひとつ富士通スタジアムへの思い入れも強い。「川崎市に関わる仕事もしたい。それが富士通スタジアムなら最高なんですけど」と、笑顔も魅力的だ。

 ○…落ち込んだ時も先輩や仲間の言葉などに助けられてここまできた。「本当に人との出会いに恵まれている」としみじみ。「おかげで自分に自信が持てるようになりました。これからも方法は決めずに、挑戦を通して海外に出ていきたい」。世界を見つめ瞳が輝いた。

高津区版の人物風土記最新6件

宝生 麻佑さん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」の正規メンバーとなり高津区を担当する

宝生 麻佑さん

1月18日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月11日号

大澤 淳一さん

川崎青年会議所の理事長に就任した

大澤 淳一さん

1月4日号

佐々木 良一さん

久末ふるさと親子まつり実行委会長として久末小で3年生児童に講演した

佐々木 良一さん

12月14日号

佐藤 匠さん

区内初、小学生の競技ドッジボールチーム「相和」で監督を務める

佐藤 匠さん

12月7日号

東 賢太郎さん

「はっぴーとーく樹音」の代表で、2018年度県優良小売店舗に表彰された

東 賢太郎さん

11月30日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梶が谷で「楽しい暮らし市」

梶が谷で「楽しい暮らし市」

地元飲食店・作家が出店

1月20日~1月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇七九回「平賀栄治のこと」

    高津物語

    1月18日号

  • 高津物語

    連載第一〇七八回「新春雑感」

    高津物語

    1月11日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク