高津区版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

鮎釣り、きょう解禁 ためし釣りでは「やや小ぶり」

社会

組合員による試し釣り
組合員による試し釣り
 多摩川の鮎釣りが本日1日、解禁した。

 川崎河川漁業協同組合高津地区は、解禁10日前となる5月22日、恒例のためし釣りを行った。

 気温は25度、水温は21度。東名高速道路下から新二子橋まで3地点、組合員6人の釣果は170匹。最大は19・5センチメートル、60グラム。平均は12センチメートル、16グラムだった。

 竹仲密昭組合長は「昨年よりやや小さく、少なめかな」と話し「場所により数が全く変わってくる」とも。

 東京都島しょ農林水産総合センターが実施する多摩川鮎の遡上調査によると、定置網に入網した鮎の数は約53万匹(3月19日〜5月28日)。昨年より6倍以上多い。

1日でスキルアップパソコン講座

個人から社内研修まで対応。コース充実、初級、ビジネス、スマホも!

http://www.kawasaki-net.ne.jp/seminar/pc.html

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

半年の罪穢れを払う

半年の罪穢れを払う

6月30日 溝口神社

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇五〇回「高津物語」

    高津物語

    6月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇四八回「高津の転換期」

    高津物語

    6月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク