高津区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

高津どんなもんじゃ祭(市民活動見本市)の実行委員長を務める 佐野 めぐみさん 梶ヶ谷在住 51歳

岐路は「豊かになる方」へ

 ○…「市民活動の祭りがあるってすごいこと。多くの人に来てもらいたい。そのためにはやる側も楽しくないと」。個々の活動紹介で終わらせず、一緒につくる祭りを目指す。参加する45団体の共通テーマに「一歩進んだ交流」を掲げた。「特別に何かをしなくてもいい。共通テーマを意識して参加するだけで、みんなが同じ方向を向いているじゃないですか」と明るい笑顔が印象的だ。

 〇…実行委員長は昨年に続き2回目。先輩から推薦され引き受けた。「新参者で不安もあったけど、求められたら答えたい」と火が付いた。各団体に企画書を提出してもらい、それをもとにパンフレットデザインを一新。活動内容、対象者、出店場所を一目で分かりやすく仕上げ好評だった。オリジナルのロゴやポロシャツの制作も。「正直、内心はひやひや。でも『ポロシャツにする? Tシャツにする?』そんな話し合いを重ねることで一緒に作る意識が生まれる」

 〇…東京で生まれ、小学生の時に横須賀へ。海や山が近く自然の中で遊ぶ一方、寿司屋を営む祖父の手伝いに行く母について池袋へもよく通った。「夕食を作る時間がないから店で出す料理を食べていた。おかけで舌が贅沢に」と笑う。専門学校卒業後に就職。「やりがいを求め」20代前半で損保会社の事務員に転職した。会議や休日の接待ゴルフ、同僚との「飲ミニケーション」も楽しかった。だが、結婚を機に退職。「どっちが自分にとって豊かかな」。岐路ではその問いを大切にする。

 〇…梶ヶ谷に住んで20年ほど。「ほどよく自然もあり、のんびりしていい」と気に入っている。夫婦で街バルに参加し、新たな店の発掘も。豊かさとは「つながりがあること。歩いていて、こんにちはって言える人が多いと嬉しいじゃないですか」

高津区版の人物風土記最新6件

村野 正明さん

今年で制度開始から半世紀、県社会保険労務士会川崎北支部の支部長を務める

村野 正明さん

10月12日号

北沢 仁美さん

国際交流センターのセンター長を務める

北沢 仁美さん

10月5日号

金子 あかねさん

今年3月から不登校の子どもを持つ保護者を支援するセミナーなどを開催する

金子 あかねさん

9月28日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月21日号

紅谷 加津江さん

平成30年全国栄養改善大会で、栄養改善事業功労者の厚生労働大臣表彰を受賞した

紅谷 加津江さん

9月14日号

森 清行さん

今春から高津区PTA協議会の会長に就任した

森 清行さん

9月7日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大人のための理科教室

大人のための理科教室

県立川崎図書館で無料講座

10月20日~10月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇六四回「紺屋」

    高津物語

    10月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク