高津区版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

県民功労者に区民2人 交通安全、更生援護で貢献

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
表彰された飯島さん(左)と沼田さん
表彰された飯島さん(左)と沼田さん

 71回目となる2018年度神奈川県民功労者表彰の受賞者が発表され、高津区内から、高津安全運転管理者会の元会長、飯島悠光さん(74)と保護司の沼田房代さん(72)の2人が選ばれた。

 この表彰は公共の福祉に貢献し、その業績が特に優れた人を広く顕彰することを目的とした県の最高表彰の一つ。

 団体や地域の活動などを通じて社会福祉、保健衛生、産業・経済、生活環境など各分野で長年にわたり活躍した人に贈られる。今年度は39人と2団体が表彰された。

事故防止に尽力

 飯島さんは高津安全運転管理者会の会長を15年間務め、この4月に退任した。設立から50年近い歴史を持つ同会。飯島さんは当初から参加し、自動車の安全運転管理体制の充実強化に尽力するなど、区内の交通事故防止に取組んできた。受賞について飯島さんは「会員皆さんの協力のおかげ。これからは恩返しのつもりで地域社会から事故が1件でも減るよう協力したい」と語った。

「立ち直り」支える

 沼田さんは保護司になって27年。高津区保護司会では副会長を務める。保護観察対象者の更生援護活動と犯罪予防活動に貢身し、更生保護思想の普及高揚に努めてきたことなどが評価された。

 「家庭に恵まれない子も多いから」と食事をつくってあげるなど母親のような存在でこれまで100人以上の更生を見守ってきた。「おせっかいなおばさんね。でも元気にやっている子たちを見ると嬉しくて」とほほ笑む。今後もライフワークとして「和顔愛語」をモットーに保護司を続ける。

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク