高津区版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

(PR)

半年待ちの補聴器店、その秘密とは 購入前に平均9・6回の音の調整

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 「購入したけど、雑音がうるさくて使わなくなってしまった」―。多くの人が経験している補聴器の失敗。だが、補聴器を耳に慣らしてから、購入できる補聴器店がある。

 高津駅すぐ(徒歩80歩)の堺堂は、購入前に2カ月間の調整期間(1万5千円/訪問3万円)を設ける。現在、調整する人数は70人。半年先まで調整の予約が埋まっている。

 「平均で1人9・6回。購入までに調整している回数です」と話すのは店主の大貫悦信さん。そこまで細かく段階を追って調整するには理由がある。

一歩一歩、聞こえの頂上へ

 『聞こえにくい人』は、車や空調、階段を上る足音、水道水の音など、健聴者が無意識に聞く日常の雑音が聞こえていない環境で生活している。補聴器を「つけていられない」のは、こうした音を煩く感じてしまうためだ。

 この状態は、補聴器を装着し続けることで解消できるが、問題なのは慣れる前に我慢ができなくなること。「だからこそ『このくらいなら大丈夫』という調整に抑えながら、少しずつ聞こえるレベルを上げていくことが重要なのです」と大貫さん。「そのため、初めの調整は少し物足りなく感じるかもしれません」とも。

 同店がこれまでに調整してきた回数は5000回を超える。「一人ひとりに合わせた最良の一歩を調整します。聞こえの頂上を一緒に目指しましょう」と話す。

有限会社堺堂

神奈川県川崎市高津区二子4の2の10

TEL:0120-97-3324

http://ameblo.jp/kikoe99a2/

高津区版のピックアップ(PR)最新6

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

貸出フェア開催中!

10月11日号

「賃貸物件の自主管理」トラブル解決はぜひ当社へ

相談レポートvol.‌ 111 相続・遺言初回相談無料

「賃貸物件の自主管理」トラブル解決はぜひ当社へ

10月11日号

”通い・泊り・訪問”3つのサービスを自由に組み合せ

リハビリルームも新設 この秋「両親の介護」について考えてみませんか?

”通い・泊り・訪問”3つのサービスを自由に組み合せ

介助する家族にも優しい「ななきナーシングホーム野川」

10月11日号

高級時計の修理お任せ

高級時計の修理お任せ

 熟練職人がオメガもロレックスも

10月11日号

「個別事前相談」でご葬儀の不安解消

セレモニアグループ 参加者募集

「個別事前相談」でご葬儀の不安解消

要予約・5組 先着順 葬祭式場 平安会館みぞのくち

10月4日号

「中国美術無料鑑定会」を開催

予約必須 問い合わせ多数 相続相談会同時開催

「中国美術無料鑑定会」を開催

生前整理・遺品整理の相談も多数

10月4日号

市民公開講座「白血病を知ろう」

聖マリアンナ医大 未来がん医療プロフェッショナル養成プラン 参加無料

市民公開講座「白血病を知ろう」

10月29日開催 参加者を募集中

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク