高津区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

今年度、高津区と共同で公演を行う「にこにこあおむし人形劇団」の代表を務める 森 真佐乃さん 梶ヶ谷在住 47歳

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

舞台で元気の種まきを

 ○…「人形劇を通じて、地域全体が元気になる種をまきたい」。宮前区にある人形劇団に所属する傍ら、7年前に「にこにこあおむし人形劇団」を設立した。地元梶ヶ谷を拠点に年間80公演以上行い、子どもたちを中心に演劇の魅力や楽しさを伝えている。

 ○…千葉県出身。「子どもの頃から舞台鑑賞が好きだったが、まさか自分が舞台に立つとは夢にも思わなかった」。転機は29歳の時、当時通っていたパン教室の講師の紹介で宮前区の人形劇団どんぐりに入団した。当初は衣装や音響などを担当する裏方志望だったが、声を出す楽しさや登場人物になりきるという演技の奥深さに触れるうちに演技の虜となった。

 ○…入団して10年が経った頃、「演劇を観ているだけだと退屈になるよね」という声を聞き、ゲームをするなど、観客と一つになれる劇団をつくりたいという強い思いが芽生えた。今まで人の上に立った経験がなく、代表として活動する不安はあったが、2011年3月、震災で暗い表情をした子どもたちを元気にしたいという考えも後押しして、親しい母親たちと「にこにこあおむし人形劇団」を設立した。団員は全員未経験者だったが、「子どもたちのために」と思いを共有し、初めは棒読みだったセリフまわしも抑揚をつけられるまでに上達。人形やセット作りを全て自分たちで手掛けている。

 ○…「笑顔にしてくれてありがとう」といった観客からの温かい言葉に支えられるという。休日は息子の野球応援や家族全員で食事に出かけるなど、家族との時間も大切にしている。「子どもたちが楽しい思い出となるきっかけをつくり続けたい。それが大人の仕事」と凛とした表情で話す。今後も演劇で地域をつなぐ活動を続ける。

高津区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

古渡 智江さん

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた

古渡 智江さん

末長在住 73歳

2月19日号

中根 一(まこと)さん

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している

中根 一(まこと)さん

二子在勤 59歳

2月12日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

2月5日号

内藤 岳史さん

電子機器分野で国内屈指の技術力を誇る地元・新作の製造会社の代表を務める

内藤 岳史さん

新作在勤 49歳

1月22日号

伊藤 博幸さん

高津警察署への抗菌・抗ウイルス対策を無償で行い、感謝状が贈られた

伊藤 博幸さん

溝口在勤 48歳

12月18日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク