高津区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載213回 「くにこ」の県庁見聞録 子ども達の英語力向上のために

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

司会)16日の新聞にメリーランド大学の学生が、知事、県議会議長を表敬訪問したと報道されていましたが、くにこさんが写真に写っていましたね。

くにこ)えっ?見てくれたんですか?うれしい!本県と姉妹州であるメリーランド州の州立大学カレッジパーク校、ボルチモア校から10名の学生が来県したので表敬訪問してもらったんですが、川崎市長、川崎市議長にも会っていただきました。学生は喜んでいましたよ。

司会)くにこさんは、メリーランド州との友好推進には熱心に取り組まれてますね。

くにこ)ええ、メリー側の姉妹州委員会委員長が日本女性で、大変親しくしているので、35周年記念事業として米大統領選挙予想講演会を開いてから、全庁的取り組みをリードしています。

司会)すごいですね。

くにこ)これまでもメリーランドから州立大学学長を始め数人が来県し、産学官民総合的に連携した取り組みを進める段取りをしてきました。が、今回は特に素晴らしい企画なんですよ。

司会)えっ?そうなんですか?

くにこ)本県の私立中高協会が創立70周年事業としてメリーから10名の州立大学生をインターンとして招聘して下さったんです。渡航費や滞在費、食費は全部協会持ち、協力する私立20の中高校で、英語授業のアシスタントとして生徒と接するんです。私が洗足学園中学1年生の授業を参観させていただいた印象では、生徒も楽しそうに接していましたし、学生も純朴で優秀なので、熱心に教えてました。彼らにとっても素晴らしい経験だそうです。

司会)今後彼らが日米のかけ橋となってくれるといいですね。

くにこ)そうなんですよ。この事業を継続、拡大する事は重要なんです。日本で質の高いネイティブ英語教師を確保する事は困難なんです。グローバル時代に引っ張りだこですから。そこを補う為に、今回の私学の事業を拡大して公立校でも活用できるようなシステムにして行きたいと、決意しているところなんです。

 日本から渡米するばかりでなく、相互交流にしたいと願っていましたので、私の提案を実現してくださった協会会長の聖光学園理事長工藤先生の手腕に心から感謝しています。かながわの子ども達の英語力向上の為に、これからも努力していきます。

神奈川県議会議員 小川くにこ

川崎市高津区久本2‐7‐34

TEL:044-865-1313
FAX:044-888-3600

http://www.kinet.or.jp/seseragi/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

過去最大規模の予算が成立

県政レポート

過去最大規模の予算が成立

神奈川県議会議員 斉藤たかみ

4月2日号

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

数値でみる川崎と高津 No.72 シリーズ

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月2日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

「第2弾川崎じもと応援券」の審議について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 58

「第2弾川崎じもと応援券」の審議について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月26日号

「第4波」の防止を!

数値でみる川崎と高津 No.71 シリーズ

「第4波」の防止を!

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月26日号

コロナワクチン接種の現状

市政報告

コロナワクチン接種の現状

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク