高津区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

(一社)川崎市食品衛生協会会長を務める 人物風土記山本 久さん 川崎区在住 85歳

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

言葉の端々に滲む優しさ

 ○…スーパーマーケットをはじめとした販売店、飲食店、製造業など、食に携わる市内約3500の企業が加盟する一般社団法人川崎市食品衛生協会の取りまとめ役に就任した。食中毒を出さないための勉強会をはじめ、街頭キャンペーンや幼稚園や保育園などでの手洗い教室など、活動は多岐にわたる。周囲から聞こえてくるのは「発信力のある人」。個々の取り組みを協会内外に浸透させるためにも、その手腕に期待が寄せられている。

 ○…中でも力を入れるのが世界的な衛生管理基準である「HACCP(ハサップ)」の導入だ。日本の食品業界はすばらしい衛生観念を持っているが、世界ではそれが通用しない部分もあるという。HACCP導入は全国的な取り組みだが「川崎は外国人の比率が高い上、多国籍化が進んでいる。訪日観光客が安心して食事ができるためにも、我々の果たす役割は大きい」と気を引き締める。

 ○…川崎区藤崎に事務所を構える(有)山一食品店の代表取締役社長。20代前半で社長に就任し、長年、スーパー、社員給食、船食などを手掛けていた。一方でロータリークラブや商店会会長などの奉仕活動にも勤しんできた。幼少時は貧しかったこともあり「困っている人がいると、ついつい心が動くんだよ」。

 ○…若宮八幡宮(川崎区大師駅前)境内にある金山神社の例祭「かなまら祭」では、性をつかさどる祭りの意義や説明を行うアナウンサーとして活躍する。祭りに訪れた夫婦が後日「子どもができた」と報告する絵馬を目にするたびに「役目を果たせた」と胸をなでおろす。子どもを望みながらも結婚後4年間できなかったこともあり、思いはひとしおだ。3人の息子、娘に恵まれ、今では孫たちと年に一度ゴルフをするのが楽しみだ。

高津区版の人物風土記最新6

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その3 石塚 卯三夫さん

    12月6日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    11月29日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その2 石塚 卯三夫さん

    11月29日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク