高津区版 掲載号:2018年8月3日号 エリアトップへ

女子野球日本代表に2大会連続で選ばれた 清水 美佑さん 上作延在住 20歳

掲載号:2018年8月3日号

  • LINE
  • hatena

一球一球に魂を込めて

 ○…8月22日からアメリカのフロリダ州で開催される「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」に投手として出場する。「プロ野球で活躍した三浦大輔さんが憧れ」と話すように、伸びのある直球と縦に鋭く落ちる変化球で相手をねじ伏せる。「最少失点に抑え、6連覇に貢献したい」と意気込む。

 ○…高津区出身。小学2年生の頃、兄の影響で地元の少年野球チーム「上作延ノンキーズ」で野球を始めた。当初は投手と二塁手を兼任していたが、主力選手だった先輩投手に憧れて「エースナンバーがほしい」と監督に志願。投手一本の野球道を歩み出した。中学進学後も東京都の硬式野球チーム「狛江ボーイズ」で男子と同じ練習をこなし、公式戦でも男子に引けをとらない投球を披露。チームの関東大会ベスト8進出に貢献した。

 ○…高校は女子野球の強豪「埼玉栄高校」の門を叩いたが、1年生で臨んだ春の全国大会では打ち込まれた。中学まで男子と同じ条件下でプレーしてきて自信があった分、ショックが大きかったという。だが、「夏頑張ろう」と励ましてくれた上級生や監督に恩返しがしたいと立ち直り、投手に必要な背筋や下半身強化に努めた。体を一回り大きくして挑んだ夏の全国大会では、春に敗れた相手に見事リベンジを果たし、全国制覇という偉業を成し遂げた。

 ○…現在大学2年生。オフの日は「母との買い物や一人で映画鑑賞するのが気分転換になる」と穏やかに話す。学業と両立しながら所属する「アサヒトラスト女子硬式野球部」で大会前の調整に励む。「女子野球はスニーカーで国際大会に出場するチームがあるほど、世界全体で見ても悪環境であるのが現状。人を惹きつけるプレーで女子野球を盛り上げていきたい」と高みを目指す。

高津区版の人物風土記最新6

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

野村 幸平さん

今月、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に就任した

野村 幸平さん

宮前区在住 40歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク