高津区版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

川崎市 新まちづくり集会が始動 全7区で市民意見を集約

社会

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena
4日の集会(中原区役所)
4日の集会(中原区役所)

 市民主体で課題解決を協議する、休止中の「区民会議」など、地域活動運営の仕組みを再検討する試みとして、川崎市が区ごとの研究集会(ワークショップ)を始めた。今月4日の中原区を皮切りに、9月まで市内7区で実施し、意見を集約する。

 今回の試みは、市民文化局による「これからの地域づくりを考える市民検討会議ワークショップ」。4日には公募などで集まった約30人が参加した。出席者はグループに分かれ「地域の課題解決にはどのような人が関わるのが良いか」「市民参加の方法や行政との役割分担は」といった設問への意見を出し合った。

 今回のワークショップは市民活動支援拠点や市民提案型事業といった、従来の行政施策とは異なる発想を集めるのが目的。「今はSNSを活用した地域活動なども盛んで、行政も時代に合ったアイデアに目を向ける必要がある」と同局担当者。集まった意見は市が18年度末に策定する「(仮称)今後のコミュニティ施策の基本的な考え方」に市民の声として反映させる。

「看板すげ替え」懸念も

 市が行ってきた施策のひとつとして挙げられる「区民会議」は06年から18年、6期にわたり実施。区民による課題解決を目指し、調査審議から区長への提言を行ってきたが、会議自体の認知度や実践に向けての継続性などで課題もあり、現在は休止している。ワークショップでは新しい枠組みが必要かについても意見交換が行われる。

 中原区区民会議の第6期委員長で、4日のワークショップに参加した成田孝子さんは「新たな地域づくり組織の人の参加もあり、視野が広がる意見があった一方で、区民会議で話し合ってきた事案と重なる意見も多かった。新たな仕組みが作られても、参加者次第で区民会議の繰り返しになってしまうのでは」と話す。

 市担当者は「これまでと同じようなやり方でなく、幅広い世代が地域活動に参加できるような仕組みを市民と考えたい」としている。高津区は19日ににこぷら新地で開催される。7区でのワークショップ開催後は12月に改めて全市シンポジウムを開き、市としての方針策定を進める。

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク