高津区版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

初の「川崎ワイン」完成 麻生区 19日に試飲、販売会

社会

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena
収穫前のブドウ畑で出来たばかりのワインを手にする山田さん(左)と妻のみずほさん
収穫前のブドウ畑で出来たばかりのワインを手にする山田さん(左)と妻のみずほさん

 麻生区で収穫されたワイン用ブドウを使った初の市内産ワイン「川崎 蔵邸ワイン 岡上ロゼ」が完成した。

 商品化したのは農業生産法人(株)カルナエスト(山田貢代表)。2013年から本場フランスのブルゴーニュ地方で行われている栽培法でブドウ作りを始め、今回完成した川崎ワインは、約3000平方メートルの畑で昨年収穫されたワイン用品種が使われている。約50kgのブドウは都内の醸造所で仕込まれ、フルボトル5本とハーフ80本になった。ワインは8月19日から麻生区岡上の蔵邸ワインスクールで試飲と販売が行われる予定だ。

 山田代表(36)は「フレッシュでフルーティなロゼが完成した。これからは赤と白のワインも作っていきたい」と話す。

現時点で最後のご当地ワイン

 完成した川崎ワインだが、改正された酒税法により今年10月以降、原料の生産地と醸造地に関わる地名でないと商品表示が認められなくなる。現時点で市内にワイン醸造所はなく、最初で最後の「川崎ワイン」となる。

 そのような状況で山田さんが目指しているのが「ハウスワイン特区」認可だ。要件を満たせば少量でも果実酒などを製造できる仕組みを活用し、将来的な川崎ワインの復活と市北部の農業に観光的要素を付加していくのが狙いだ。

 ワインに関する問合せは蔵邸ワインスクール【電話】050・3568・2020へ。

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク