高津区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

千年新町子ども会 職業体験、コンビニと連携 児童20人が接客、商品陳列

教育

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
元気よく接客する子どもたち
元気よく接客する子どもたち

 千年新町子ども会が8月4日、高津区、中原区内のファミリーマート4店舗と協力し、同会児童向けの職業体験を行った。同社が地域の子ども会と協力してイベントを実施するのは全国初。同会では「快く協力してくれた同社に感謝。子どもたちも普段よく通うお店で仕事を体験して楽しい思い出になったのでは」と喜びを語った。

 今回の企画は、千年新町子ども会相談役の保科卓也さん(44)=中面「人物風土記」で紹介=が、中原区内の同店2店舗のオーナーを務めていることから実現した。「小学生のうちから働くことへの関心や、お金を稼ぐことの大変さを知って欲しい」と保科さんがファミリーマート本社に今回の企画を提案したところ、地域密着を掲げる同社の意向と合致した。同社ではこれまで各地の小中学校などと協力して職業体験を実施したことはあったが、地域の子ども会との協力は初めてとなる。

 当日は、千年、中原駅前、武蔵新城、法政通りの4店舗で約20人の子どもたちが接客や商品の在庫確認、清掃業務などを体験。店内に子どもたちの「いらっしゃいませ」という元気な声が響き、買い物客も小さな店員さんの接客を微笑ましく見守った。参加者の一人、櫻井優芽さん(橘小4年)は、「声だしや商品陳列など難しかったが、どれも楽しかった。また参加してみたい」と笑顔で話した。

将来はより広域的に

 保科さんは「今回は千年新町での開催だったが、いずれは区内の他の子ども会にも声かけして広く、定期的に実施していけたら。現代は共働き世帯が増え、学校も教員の多忙化が問題視されるなど、家庭や学校で子どもたちのケアをしきれない部分がある。『地域教育』として子ども会がその役割を担っていきたい。今後も子どもたちに楽しい企画を届けていきたい」と語った。

高津区版のトップニュース最新6

税収減56億、補てんへ

川崎市ふるさと納税

税収減56億、補てんへ 政治

推進本部発足 「返礼品に力」

6月21日号

「地区割り」大幅見直し

区民生委員改選

「地区割り」大幅見直し 社会

大型集合住宅、単体地区に

6月21日号

33年尽力、宮田会長が退任

高津防犯協会

33年尽力、宮田会長が退任 社会

新会長に大島氏

6月14日号

庭の自然生かし新企画

小黒恵子童謡記念館

庭の自然生かし新企画 文化

セミの抜け殻を学びに

6月14日号

善意のごみ拾い、3年目へ

下作延在住関口さん

善意のごみ拾い、3年目へ 社会

収集量は「キリン1頭分」

6月7日号

「子ども見守り」総がかりで

高津区

「子ども見守り」総がかりで 社会

重大事件等受け、対策強化

6月7日号

恵みの雨で状況ガラリ

多摩川アユ釣り

恵みの雨で状況ガラリ 文化

地元漁協も安堵、明日解禁

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク