高津区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

「土星だ」夜空見上げ歓声 下作延で天体観測会

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
火星や木星を観察する子どもたち
火星や木星を観察する子どもたち

 下作延のとある駐車場の一角で8月17日、天体望遠鏡を使った子ども向けの「天体観測会」が開かれた。

 観測会を開いたのは「北浜こどもクリニック」の北浜直院長。自身が子どもの頃から天体観測が好きで、「クリニックに来ている子どもたちにも図鑑やネットでなく、実際に星を観る機会をつくってあげられたら」と毎年開催している。

 当日は、患者や近隣の子どもたち、保護者など約40人が参加。あいにく雲が多くて切れ間からとなったが、2台の天体望遠鏡で今が見頃の火星や木星、土星、夏の大三角形などを観察した。子どもたちは雲の合間から星がのぞくと「今だ」と望遠鏡を熱心にのぞき込み、「土星が見えた」など歓声をあげていた。

 上作延から子ども2人と参加した西谷智彬さん(35)は「火星が見えました。子どもたちの夏の良い思い出になりました」と笑顔で語っていた。

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

多摩川で8編の物語

【Web限定記事】 市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

【Web限定記事】

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

下作延で強まる"連帯感"

下作延で強まる"連帯感" 文化

コロナ禍でも「できること」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「春の開放」2年ぶり

「春の開放」2年ぶり 文化

生田緑地ばら苑 23日まで

5月7日号

グッズ制作で地域連携

川崎競馬

グッズ制作で地域連携 社会

年8回プレゼント

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter