高津区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

「中心が見えにくい…」は早めの相談を 加齢で増える目の病気

 ものが歪んで見えるなどの症状が現れ、現在、失明原因の第4位となる「加齢黄斑変性」。

 「加齢により、網膜の中心である黄斑に障害が生じ視力低下を起こす、近年増加している病気です」と話すのは、かやま眼科クリニックの嘉山尚幸院長。症状は中心部がゆがむ、中心部がぼやけて薄暗い、部分的に欠損して見えるなどがある。

 加齢黄斑変性は、「萎縮型」と「滲出型」がある。萎縮型は、進行が緩やかで徐々に視力が低下する一方、滲出型は進行が早く急激に視力が低下する。「滲出型は症状の進行を抑えることを主眼に薬物治療などを行います。視力は元通りになることはほとんどなく、早期発見、治療が重要です。萎縮型は、滲出型に移行することもあるため経過観察が必要です」と嘉山院長。片目だけの症状など、わずかな障害で気が付きにくいことも。「見えにくいと感じたら早めに専門医へご相談下さい」

かやま眼科クリニック

神奈川県川崎市高津区末長1-9-1スタイリオ梶が谷MALL 6階

TEL:044-789-5322

http://kayama-ganka.com

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

のくち寄席が20回記念

のくち寄席が20回記念

11月24日 てくのかわさき

11月24日~11月24日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク