高津区版 掲載号:2018年9月21日号
  • LINE
  • はてぶ

高津区文化協会 区民活動支え50年 あさって23日に祝賀式典

文化

第1回文化祭の様子=文化協会提供
第1回文化祭の様子=文化協会提供
 文化講座などを主催する高津区文化協会(鈴木穆会長)が設立50周年を迎え、23日にホテルKSPで記念式典を開く。区の郷土史を学ぶ講座を年2回企画するなど、地元の歴史伝承に貢献してきた同会。多世代に向けた活動を展開しようと、今後は若手会員の獲得にも力を注ぐ。

 高津区文化協会は1968(昭和43)年9月に結成。市内他区に先駆けて高津のペンクラブや文化団体、図書館友の会などの事業や活動を受け継いで初の高津区文化祭の開催と同時に設立された。

 文化祭や講座のほか、文学碑の存続や建立に貢献してきた同会。溝口亀屋旅館閉館では散逸の危機にあった国木田独歩の文学碑を高津図書館前に2002年に移転。翌年には、ロータリークラブらと連携して北原白秋の文学碑を久地梅林公園に建てた。鈴木穆会長は「高津の偉大な文化遺産を次世代に継承していくことも大事な使命。命ある限り地元に文化伝承を続けていきたい」と語る。

 創立当初は21団体が加盟していた同会。現在は44団体、46個人が所属する。また、06年からは特定非営利活動法人として更なる文化事業の推進にも取り組んでいる。

 会結成のきっかけとなった「高津区文化祭」は毎年3000人近くが参加する代表的な行事で、美術展などが開かれる。創立40周年を機に誕生した「高津俳句大会(第8回から高津全国俳句大会に改称)」には、俳優の奥田瑛二さんなど毎年ゲストが登場し、区民の文化活動への注目を集めた。

 会員の高齢化が進み、世代交代が課題となっている同会だが、毎年夏休みに行う「子ども一日文化体験教室」は約700人の応募がある。同会の田村富彦さんは「子どもたちが文化活動に興味を持ち、将来会員になって次の世代に継承してくれれば」と話した。

高津区版のトップニュース最新6件

「避難」認識に個人差

風水害対策

「避難」認識に個人差

10月19日号

「駅遠」通りに集客仕掛け

梶が谷飲食3店

「駅遠」通りに集客仕掛け

10月19日号

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

苦節35年、三段跳びで金

久末在住中村宏二さん

苦節35年、三段跳びで金

10月12日号

久末で5年ぶり神輿渡御

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「とどろき大会」市とタッグ

プロレスヒートアップ

「とどろき大会」市とタッグ

田村代表ら 10月31日に熱戦

10月31日~10月31日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

    高津物語 文化

    10月19日号

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク