高津区版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • hatena

今年で制度開始から半世紀、県社会保険労務士会川崎北支部の支部長を務める 村野 正明さん 宮前区在住 53歳

仕事も趣味も大きく成長

 ○…10月は社会保険労務士(社労士)月間、そして今年は社労士法が施行されてから50年の節目の年だ。宮前区、中原区、高津区、多摩区、麻生区の5区をエリアとする川崎北支部長には、3年前の春に就任し、現在2期目を迎えている。社労士の主な仕事は、労務管理や各種保険の手続き。近年では「働き方改革」などで注目を集めるが「まだまだ認知不足で一般的には知られていない仕事。270人の会員が活動しやすくなるよう、地位向上に努めていきたい」と意気込む。

 ○…犬蔵生まれの犬蔵育ち。実家は農業を営み、庭には柑橘の樹がある。元々はサラリーマンだが一念発起。たまたま資格の本を見て「取得しやすく独立しやすそう」と選んだのが社労士だった。しかし、順風満帆な道ではない。2003年に3回目の試験で資格取得し、翌年に事務所登録。それから初めてお客さんを獲得するのに4年を費やした。その間は、年金事務所でアルバイトをしながら名刺を配る毎日だったという。「初めて顧客ができた時のことは嬉しくて忘れられない。そのお客さんとは今でもずっと付き合いが続いている」と笑みをこぼす。

 ○…バイクでツーリングするのが好き。今は仕事の都合で小回りの利く小さいバイクに乗っているが、かつては250CCのスクーターにまたがり、千葉や沼津の海まで走った。「風に当たりながら走るのが気持ちいい。現地の美味しいものを食べるのも好き」。

 ○…支部長就任後は土日も返上の多忙な日々。人間ドックにも行けず「自分も働き方改革しなきゃ」と笑う。支部長を務めあげたら大型バイクのハーレーを購入し、ガレージを構えるのが目標だ。「法律ももっと勉強して事務所も大きくしたい」。仕事も趣味も大きく膨らむ。

高津区版の人物風土記最新6件

佐久間 亮さん

ジャズバンド「ザ・ショッキング」のドラマーを務める

佐久間 亮さん

3月22日号

宮田 進さん

2月に発行した「新作風土記」の編集委員会の代表を務めた

宮田 進さん

3月15日号

北野 美千子さん

高津区内で初めて開かれる「貝合わせ」の講師を務める

北野 美千子さん

3月8日号

飯嶋 隆博さん

結成10年を迎えた「高津ドリームス」の監督を務める

飯嶋 隆博さん

3月1日号

チョン ソンリョンさん

川崎フロンターレのGK(ゴールキーパー)としてプレーする

チョン ソンリョンさん

2月22日号

五味 秀二さん

溝ノ口駅前商店街振興組合の専務理事として地域の賑わいを支え続けた

五味 秀二さん

2月15日号

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク