高津区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

「里親の役割知って」 当事者が体験語る

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
養育里親の話に聞き入る参加者ら
養育里親の話に聞き入る参加者ら

 保護者のさまざまな事情により家庭で生活できない子どもたちを自分の家庭に迎え入れて養育する「里親制度」について学ぶ説明会が10月20日、宮前区の川崎愛児園で行われた。川崎市と市から里親支援事業を受託するNPO法人キーアセットが主催した。

 説明会では、実際に養育里親を務める2人が講和。幼いころに満足に食事を与えられず、里親家庭に来た当初は食事をかきこんでいた子が少しずつ食事を楽しんで食べてくれるようになったエピソードなどが語られた。

 養育里親として20年以上で19人の子どもを育ててきた高橋さんは、「まずは衣食住を満たしてあげることが大事。『ありがとう』と言われるのに一年かかったこともある。でも、同じ家で暮らせば“縁”が生まれる。独立してからも社会で頑張っている子どもたちの話を聞くのが何よりの楽しみです」と笑顔で語った。

 キーアセットの担当者は「今後も説明会などを通じて多くの方に里親制度に関心をもってもらえたら」と話した。

 川崎市によると、市内には家庭で暮らせない子どもたちが約350人いて、その約8割が施設で生活している。市は、そのような子どもたちが家庭と同様の環境で成長できるよう里親制度を推進している。

 里親には、0歳から18歳までの子どもを一定期間養育する「養育里親」や、養子縁組を行って養親となる「養子縁組里親」などがある。

高津区版のローカルニュース最新6

ホタル初飛翔を確認

【Web限定記事】5月27日号 トップ記事関連

ホタル初飛翔を確認 文化

6月3日からの鑑賞会は「天気次第」に

5月27日号

溝口でいよいよ開催

わくわくマルシェ

溝口でいよいよ開催 経済

6月4日 地元人気店が一堂に

5月27日号

アスパラ、食べてみて

北海道美唄市コンテナショップ

アスパラ、食べてみて 経済

久地であす28日、フェア

5月27日号

「防災教室」に親子61組

寺子屋すえなが

「防災教室」に親子61組 教育

いざという時の備え学ぶ

5月27日号

釣果も大きさも 「良好」

釣果も大きさも 「良好」 文化

多摩川アユ 6月解禁へ、期待膨らむ

5月27日号

関東近郊の旅 促進へ

関東近郊の旅 促進へ 文化

地元旅行会社、日帰り企画も

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook