高津区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

「里親の役割知って」 当事者が体験語る

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
養育里親の話に聞き入る参加者ら
養育里親の話に聞き入る参加者ら

 保護者のさまざまな事情により家庭で生活できない子どもたちを自分の家庭に迎え入れて養育する「里親制度」について学ぶ説明会が10月20日、宮前区の川崎愛児園で行われた。川崎市と市から里親支援事業を受託するNPO法人キーアセットが主催した。

 説明会では、実際に養育里親を務める2人が講和。幼いころに満足に食事を与えられず、里親家庭に来た当初は食事をかきこんでいた子が少しずつ食事を楽しんで食べてくれるようになったエピソードなどが語られた。

 養育里親として20年以上で19人の子どもを育ててきた高橋さんは、「まずは衣食住を満たしてあげることが大事。『ありがとう』と言われるのに一年かかったこともある。でも、同じ家で暮らせば“縁”が生まれる。独立してからも社会で頑張っている子どもたちの話を聞くのが何よりの楽しみです」と笑顔で語った。

 キーアセットの担当者は「今後も説明会などを通じて多くの方に里親制度に関心をもってもらえたら」と話した。

 川崎市によると、市内には家庭で暮らせない子どもたちが約350人いて、その約8割が施設で生活している。市は、そのような子どもたちが家庭と同様の環境で成長できるよう里親制度を推進している。

 里親には、0歳から18歳までの子どもを一定期間養育する「養育里親」や、養子縁組を行って養親となる「養子縁組里親」などがある。

高津区版のローカルニュース最新6

KSP社長に「SDGs」学ぶ

地元選出議員有志

KSP社長に「SDGs」学ぶ 社会

初の”内田勉強会”盛況

8月23日号

多様なスポーツ集結

カルッツ

多様なスポーツ集結 スポーツ

25日、体験企画やプロレス

8月23日号

小林氏を組合長に選出

小林氏を組合長に選出 社会

川崎市遊技場組合

8月23日号

夏場の食虫毒に注意を

夏場の食虫毒に注意を 社会

区食協 溝口駅で啓発活動

8月23日号

地域に元気届け、15回目

なかよしコンサート

地域に元気届け、15回目 文化

「川崎の歌姫」も来場呼掛け

8月23日号

減らせ!「食品ロス」

減らせ!「食品ロス」 経済

催し控え、関係者もPR

8月23日号

小学校建設へ、前進

小学校建設へ、前進 社会

理美容で寄付54万円

8月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク