高津区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

川崎市消防団 女性団員 1年で1.4倍 復帰支援へ「休団制度」整備

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市消防局によると、2017年4月に86人だった市内の女性消防団員が、10月1日時点で約1・4倍の123人に増加していることが分かった。一方で、団員の定数を満たしていない現状に対し、市は「休団制度」を来年4月に導入する方針で、途中退団に歯止めをかけたい考えだ。

 区別の推移でみると、女性団員を今年度から導入した多摩は13人、麻生は14人が在籍(10月1日時点)。中原では今年新たに8人が加わり、17人に増えた。市全体では123人となり、全団員数1147人の約1割が女性だ。

 一方で、男性を含む市全体の団員数は横ばいで、定数1345人に対し充足率は85・3%にとどまる。要因の一つが団員の途中退団で、昨年は95人が入団したが89人が退団。これを受け、市は「休団制度」の導入に向け調整を進めている。

 転勤などで団を一定期間離れる場合でも、復帰を希望すれば団員資格を残す仕組み。特に女性は、出産や子育てを理由に退団するケースも多く、市は「制度導入で充足率を高めたい」としている。

広報・講習で貢献

 女性の入団促進における課題として、災害現場での危険性や重労働、家庭生活との両立への配慮が挙げられる。そのため各区の女性消防団員は、広報活動や訓練の後方支援を担うケースが多いという。麻生消防団の土方茂団長は「体力的にきつい活動は避け、救命講習を基本にした支援活動が中心。家庭優先で取り組んでもらっている」と話す。

 消防団員に女性を推薦した中原区内の町会長は、「町会の啓発活動でも、子どもや高齢者に対する気遣いは女性ならでは。地域交流の促進にもつながる」と期待を込める。団員やOB、町会などを通じて、市は女性を含めた団員確保を急ぐ考えだ。

高津区版のトップニュース最新6

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

コロナ下、運動不足解消を

溝口「ムサシボウル」

コロナ下、運動不足解消を 文化

「健康教室」チャリティ開催

4月9日号

追悼の声、川崎からも

柔道・古賀稔彦さん急逝

追悼の声、川崎からも 社会

多大な功績に謝意

4月2日号

市民提案事業に4団体

高津区

市民提案事業に4団体 社会

学生向けセミナー開催など

4月2日号

「災害対策への要望」増加

高津区

「災害対策への要望」増加 社会

区民ニーズ調査結果公開

3月26日号

ユニークな取組み、高評価

高津区市民健康の森を育てる会

ユニークな取組み、高評価 文化

「かながわ地球環境賞」選出

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク