高津区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

川崎市消防団 女性団員 1年で1.4倍 復帰支援へ「休団制度」整備

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市消防局によると、2017年4月に86人だった市内の女性消防団員が、10月1日時点で約1・4倍の123人に増加していることが分かった。一方で、団員の定数を満たしていない現状に対し、市は「休団制度」を来年4月に導入する方針で、途中退団に歯止めをかけたい考えだ。

 区別の推移でみると、女性団員を今年度から導入した多摩は13人、麻生は14人が在籍(10月1日時点)。中原では今年新たに8人が加わり、17人に増えた。市全体では123人となり、全団員数1147人の約1割が女性だ。

 一方で、男性を含む市全体の団員数は横ばいで、定数1345人に対し充足率は85・3%にとどまる。要因の一つが団員の途中退団で、昨年は95人が入団したが89人が退団。これを受け、市は「休団制度」の導入に向け調整を進めている。

 転勤などで団を一定期間離れる場合でも、復帰を希望すれば団員資格を残す仕組み。特に女性は、出産や子育てを理由に退団するケースも多く、市は「制度導入で充足率を高めたい」としている。

広報・講習で貢献

 女性の入団促進における課題として、災害現場での危険性や重労働、家庭生活との両立への配慮が挙げられる。そのため各区の女性消防団員は、広報活動や訓練の後方支援を担うケースが多いという。麻生消防団の土方茂団長は「体力的にきつい活動は避け、救命講習を基本にした支援活動が中心。家庭優先で取り組んでもらっている」と話す。

 消防団員に女性を推薦した中原区内の町会長は、「町会の啓発活動でも、子どもや高齢者に対する気遣いは女性ならでは。地域交流の促進にもつながる」と期待を込める。団員やOB、町会などを通じて、市は女性を含めた団員確保を急ぐ考えだ。

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク