高津区版 掲載号:2019年1月4日号 エリアトップへ

中学生2人が税務署長に 作文で納税の大切さ説く

社会

掲載号:2019年1月4日号

  • LINE
  • hatena
業務を終えた普川さん(右)と高野君
業務を終えた普川さん(右)と高野君

 「税についての作文」で川崎北税務署長賞を受賞した中学生2人が12月17日、川崎北税務署で一日税務署長に就任。作文を朗読し、納税義務の必要性を訴えた。

 就任したのは、高津区の洗足学園中学校3年の普川蒼生さんと中原区の玉川中学校3年の高野大輝君。2人は伴忠彦署長から委嘱状を受け取ると、川崎北納税貯蓄組合総連合会の萩原ひとみ会長らと名刺交換を行った。

 署長訓示では作文の朗読へ。普川さんは、国民の約8割が税金の使い道に納得しているフィンランドの事例を列挙し、税金を支払う必要性を説いた。高野君は、食の安全管理や施設の維持を支えているのは税金であると説明。国民が快適な生活を送るために納税を前向きに考えるよう訴えた。

 署長業務終え、普川さんは「税務署がどういう場所なのか学んだ貴重な経験になった」、高野君は「今回学んだことを家族や友人など周囲にしっかり発信していきたい」と話した。伴署長は「大人顔負けの作文で自分も勉強になった。若いリーダーが2人もいて心強い」と振り返った。

高津区版のローカルニュース最新6

「本年は何事もなく平和な年に」

再犯防止に連携強化を

高津区保護司会

再犯防止に連携強化を 文化

1月24日号

「今年も氏子が中心となり盛り上げたい」

60回目の研修大会

川崎市幼稚園協会

60回目の研修大会 教育

未来の幼児教育像、講演も

1月24日号

往年の名曲を歌う

法政大学神奈川県校友会

往年の名曲を歌う 文化

参加者を募集中

1月24日号

フリーアナが講演

2月4日高津市民館

フリーアナが講演 教育

ハンセン病、性暴力の現場から

1月24日号

愛された味、37年歴史に幕

溝口初の老舗洋食店

愛された味、37年歴史に幕 文化

建て替えで1月末閉店

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク