高津区版 掲載号:2019年1月18日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

ドリアン助川さん招いた講演会 2月6日、エポックなかはら

ドリアン助川さん
ドリアン助川さん

 ハンセン病をテーマにした小説「あん」の作者で知られるドリアン助川さんを講師に招いた川崎市主催の「川崎市人権学校」が2月6日(水)、エポックなかはら(川崎市総合福祉センター)で開かれる。午後6時15分から8時。

 演題は「人間には生まれてきた意味がある」。助川さんは詩人、作家、道化師として活躍。1995年から2000年まで務めたラジオ番組で若者から寄せられる様々な相談に真正面から対峙し、人気を博した。現在もラジオ局で人生相談のパーソナリティを務める。

 定員は先着150人で申し込み不要。手話通訳や要約筆記が必要な場合は1月24日まで(【FAX】044・200・3914)。講演のほか、人権施策の資料やパネル展示も行われる。問い合わせは、川崎市市民文化局人権・男女共同参画室(【電話】044・200・2316)。

川崎市人権学校

TEL:044-200-2316

http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000102750.html

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

令和の幕明け、笑いで祝う

令和の幕明け、笑いで祝う

溝口でやかん寄席

5月3日~5月3日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク