高津区版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

高津区ヘルスメイト村上秀子さん 念願の表彰で活動に励み 長年の活動が結実 市保健衛生功労者に

社会

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena
次回の料理教室に向けリハーサルにも余念がない(写真右端が村上会長)
次回の料理教室に向けリハーサルにも余念がない(写真右端が村上会長)

 食を通した健康づくりのボランティア活動を行う食生活改善推進員(ヘルスメイト)。この高津区連絡協議会・会長を務める下作延在住の村上秀子さんが先頃「川崎市保健衛生功労者(地域保健衛生関係功労者)」として表彰を受けた。

 保険衛生の進展に努め、その功績が他の模範になるなどと認められた個人や団体に贈られる「川崎市保健衛生功労者表彰」。今年度で58回目と、歴史のある市の顕彰事業として毎年数多くの対象者が選出されており、高津区内からも医師や飲食店関係者、さらには精力的に健康づくり活動を展開するグループなどが受賞。一方、食生活改善推進員(ヘルスメイト)等、ボランティア活動を行う個人などが表彰対象となる「地域保健衛生関係功労者」の部門における高津区からの選出頻度は比較的少なく、村上さんによれば「(ヘルスメイトとしては)前回から10年以上のブランクを経て、私でようやく4人目ですね」との事。過去に市の連絡協議会が周年記念誌を制作した際に、近隣他区のヘルスメイトの表彰者数を知った村上会長は「区によっては20名以上が(個人表彰対象者に)名を連ねていた。私たちの活動が、他の地域のヘルスメイトと比べて劣っているとは思えない」と奮起。以来、毎月定期的に実施しているキャンペーンや各種料理教室、さらに橘地区にある農園を舞台とした「親子流しそうめん」などを通し”食育の大切さ”などをより広くアピール。また近年では、人気企画の一つとなっている「男の料理教室」を契機にヘルスメイトの取り組みに興味を持った男性会員も増加するなど、拡がりのある活動を展開してきた。

仲間の大きな励みに

 今回の功労者表彰は、会長就任12年の村上さんのキャリアの集大成ともいえ「仲間のメンバーの大きな励みにもなりました。今後の活動にも弾みがつけば」とホッとした様子。選出者推薦に携わった高津区の関係者も、村上会長の長きにわたる活躍が結実した今回の表彰を共に喜んでいた。

高津区版のトップニュース最新6

音楽好きに「発表の場を」

糀ホールコージーコンサート

音楽好きに「発表の場を」 文化

地域に根差し40回の節目

9月13日号

市長と地域活動を模索

区内企業・団体

市長と地域活動を模索 社会

「車座集会」で意見交換

9月13日号

「市民プラザ」開館40周年

区内新作

「市民プラザ」開館40周年 文化

足跡辿る特別展など実施

9月6日号

山尾兄弟が全国V

区内水泳教室所属

山尾兄弟が全国V スポーツ

高校総体、全国JOで快泳

9月6日号

挑戦で掴んだ県代表

高津中・東高津中吹奏楽部

挑戦で掴んだ県代表 文化

9月21日に東関東大会

8月30日号

不審者から児童守れ

上作延小学校

不審者から児童守れ 社会

非常事態想定し「対応訓練」

8月30日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水曜と金曜は生演奏を

音楽鑑賞

水曜と金曜は生演奏を

洗足音大選抜学生48人  

9月18日~10月4日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その2 宮田  義彰さん

    8月30日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク