高津区版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

久地西町ドリーム 県子連から表彰 地域の子ども見守り53年

文化

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする会員と須藤さん(右)
賞状を手にする会員と須藤さん(右)

 久地西町ドリーム子ども会(久地西町自治会所属)がこのほど、神奈川県子ども会連絡協議会(山上武久会長)から、長年の会の活動を称える表彰状が贈られた。

 久地西町ドリームの発足は1966年。今年5月に活動53年を迎える。

 現在の会員は幼児、小学生の21人。保護者などで構成される育成会と一緒に活動をしている。育成会長を務める須藤かおりさんは「規模が小さいからこそ親も子も顔見知りになりやすい。地域で子どもを見守る連携が自然とできている」と話す。

 同会は、親子運動会や市や区子連主催の作品展などの参加をしながら、独自の取り組みも多い。

 そのひとつが2013年に作成した「久地小児童引取りマニュアル」。災害時、小学校へ迎えに行けない保護者の代わりに、同会が迎えに行き保護するというもの。東日本大震災のときの混乱を受けた経験から同会が中心となり、学校や自治会と話し合いを重ね作成した。須藤さんは「こうした取り組みは日頃のお付き合いがあればこそ。子ども会は安全、安心に暮らすためのひとつの手段でもあると思う」と話す。

人と関わる楽しさ伝える

 須藤さんは子ども会の役割のひとつに「仲間との問題を解決する力をつける場やきっかけの提供がある」と話す。

 幼稚園から同会に所属する岩崎巧真君(久地小4年)は「親子運動会でチーム一丸となって応援するのが楽しい」という。同会は親子運動会で応援賞を受賞するほど熱を入れ活動する。運動会後、飲食店での慰労会が楽しいという声も。

 また、同会の独自の取り組みのひとつ「コミュニティガーデン作り」を好きな活動にあげるのは、同会会長を務める加藤太一郎君(同6年)。地域の階段にアジサイを植樹する活動について、加藤君は「自分の家の近くなので、キレイになるのはやっぱり嬉しい」という。

 須藤さんは「住んでいる街は自分の手で住みやすくできる。次の世代に子ども会を通して伝えていけたらいい」と話す。

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク