高津区版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

高津区内で初めて開かれる「貝合わせ」の講師を務める 北野 美千子さん 下作延在住 79歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

人生、芸術に魅了され

 ○…全国に約30人しかいない貝絵講師として貝絵文化協会に所属。24日に下作延神明神社で開かれる貝合わせで、地域に良き日本文化を伝承する。「貝絵の講師は初めて務めるので緊張する。皆さんに貝絵の楽しさを味わってもらえるようにしっかり、丁寧に教えたい」と意気込む。

 ○…70歳の頃に当時通っていた、ぬり絵教室で貝絵と出会う。ハマグリの貝に描かれた繊細な絵とつながりのあるストーリーに魅了された。ぬり絵で培った絵の技術と感性ですぐさま上達。周囲からは、アクリル絵の具で貝殻の内側を金色にする作業「金塗りの達人」と称される。各地の作品展にも展示し、貝絵の良さを広めている。「貝絵をしていると自分の世界に入れ、時間を忘れられる」と微笑む。

 ○…文化活動に目覚めたのは、子育てがひと段落した50歳の頃。夫の「今まで家族に献身してくれた分、これからは好きなことに打ち込んでほしい」との後押しで興味があった脚本家の道へ。かつて多くの人材を輩出した松竹シナリオ研究所に通い、物語づくりのノウハウをいちから学んだ。数年後には努力の甲斐あり、三國連太郎さん主演の映画『螢川』のプロデューサーを担当するまでに成長。「ワンシーンだけだけど…」と謙遜するが、自身も芸者の役として出演した。「脚本家はモノづくりの面白さを学んだ原点。俳優さんから表現者として追及する実直な姿勢を教わった」

 ○…一昨年は大腿骨骨折の大怪我、昨年は大腸癌という大病を経験したが、「子どもたちはもちろん、孫、ひ孫のためにも元気でいないとね」と前向きな言葉に力強さを感じる。「一度きりの人生、後悔しないように好きなことに没頭していきたい」。芸術と歩む物語はまだまだこれからだ。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク