高津区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

市政報告 災害に強い安心のまちづくりを 日本共産党 川崎市議会議員 石田和子

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena

平時から医療福祉の充実は不可欠

 いつ自然災害に襲われるかわからない状況のもと、防災対策をしっかり行なう事は急務です。

■避難所の確保を

 川崎市は地震避難者を36万人と想定していますが避難所は175カ所のみ。体育館の面積を国の最低水準(3・3平方メートルに2人〉で試算すると収容可能人数は約9万人、想定避難者の4分の1しか見込めません。区のスポーツセンター等の公共施設を指定すること、企業や私立学校の体育館などと協定を結ぶこと。水害時には垂直避難を行なえる「水害時避難ビル」の協定を民間ビル等と結ぶよう議会で提案しました。

■住宅耐震工事の補助増額を

 命を守る対策として耐震補強は重要です。2016年策定の「川崎市耐震改修促進計画」では、耐震不足の木造戸建住宅が3万5000戸に対し、耐震化目標は8900戸。なのに17年度の耐震化実績はわずか60件です。16年度から助成限度額を一般世帯で200万円から100万円に。非課税世帯で300万円から150万円に減額したことも進まない要因です。助成額の拡充が必要です。

■上下水道の耐震化100%へ

 下水道は、川崎駅以北の下水管が耐震化されておらず、震災時のトイレの使用に大きな支障を来します。水道施設の耐震化は進んできていますが、そもそも水源から水が来ない可能性が高く水源の確保が課題です。生田浄水場の復活は水道水の確保のために重要です。

■太陽光発電の大幅普及を

 北海道胆振地震では全域停電のなか、太陽光発電が非常用電源として大いに役立ったとの事。太陽光の設置補助率の大幅引き上げが必要です。

石田 和子

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ishida-kazuko.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

2030年に160万人を突破?

数値でみる川崎と高津 No.74 シリーズ

2030年に160万人を突破?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月4日号

令和3年第2回定例会が審議入り

志高く真摯に市政へ 市政リポート 59

令和3年第2回定例会が審議入り

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月28日号

「1万人を突破」〜第4波の収束を

数値でみる川崎と高津 No.73 シリーズ

「1万人を突破」〜第4波の収束を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月7日号

過去最大規模の予算が成立

県政レポート

過去最大規模の予算が成立

神奈川県議会議員 斉藤たかみ

4月2日号

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

数値でみる川崎と高津 No.72 シリーズ

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月2日号

「第4波」の防止を!

数値でみる川崎と高津 No.71 シリーズ

「第4波」の防止を!

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月26日号

創業80周年記念キャンペーン中

【平日限定】七五三や家族写真等の記念撮影をお会計時に10%OFF!

044-822-3466

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter