高津区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

ジャズバンド「ザ・ショッキング」のドラマーを務める 佐久間 亮さん 末長在住 43歳

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena

笑い、哀愁を全国に響かせ

 ○…音楽と笑いが融合したジャズバンド「ザ・ショッキング」のドラマーを務めて13年。隅田、福岡などのジャズフェスで観客を熱狂させる。自身が住人という縁で先日マンション1階の飲食店で初のライブを開催。観客と演奏者が一体感に包まれた店内に「住人なので音量に配慮しつつ。すごく楽しかった」と笑う。

 ○…「笑って少し泣ける」と称されるパフォーマンスに「新喜劇をみているみたいでしょ。どんな人も楽しく巻き込みたい」と、音楽の思いを語る。毎回ライブで披露する名曲のカバー「What a wonderful world」は特別な思いがある。英語の歌詞を意訳し東日本大震災への鎮魂の思いを込めた。自身も福島県出身で実家が被災。何ができるのかを自問自答し「音楽で気持ちを届けること」にたどり着いた。震災の翌年、仙台と福島でライブを実行。現在も続けている。

 ○…3歳から始めた水泳にのめり込み、中学は東北大会出場選手に。水泳クラブ、部活をかけ持ちし、朝から晩まで練習に明け暮れた。だが高校でタイムが伸び悩むと糸が切れた。「水泳は趣味でいい」。挫折を振り払うかのように熱中したのは、小学生の時に父親の影響で始めたドラムだった。パンクロック、インスト、時には女装も。頼まれたら何でも引き受けた。「求められるのが嬉しかったのかも」。文化祭で披露したライブのテープは大切に残っている。

 ○…「梶が谷」に来て6年。妻と6カ月の息子と3人暮らし。「都心に近く、静かなところ」がお気に入り。子どもが生まれて音楽がいい方向に変わったと言われる。「家族が増えて温かみがでたかな」と嬉しそう。子どもや音楽のコミュニティが広まり「梶が谷を拠点に何かやりたい」。そんな気持ちが芽生えている。

高津区版の人物風土記最新6

五十嵐 崇さん

「ものづくり」を通じて町工場の魅力を地域に発信し続けている

五十嵐 崇さん

久地勤務 52歳

6月18日号

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter