高津区版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

目指せ「園児・児童の事故0(ゼロ)」 子母口・若竹幼稚園で交通安全教室

社会

シミュレーターで横断歩道の渡り方などを学んでいた
シミュレーターで横断歩道の渡り方などを学んでいた

 小学校入学前の幼児と保護者を対象とした交通安全教室が3月9日、若竹幼稚園(子母口)で行われた。

 「親子で学ぼう!春のクルマ事故ゼロ教室」と銘打たれたこの催しは、「コスモ石油」を運営するコスモエネルギーホールディングス株式会社が全国規模で実施しているもの。神奈川県内では、茅ヶ崎市に次いで2カ所目の開催場所に選ばれた高津区内には、交通量の多い尻手黒川道路など事故の危険性が高いとされる場所が幾つもあり、保護者の要請などに応える形での実施となった。

親子150人が参加

 当日は、若竹幼稚園に通う園児と保護者ら150人が参加。日本交通安全教育普及協会の彦坂誠氏などが講師として登壇し、交通事故から身を守る方法などを丁寧に説明した。また映像を使ったシミュレーター講義では、子どもたちが歩行者になり、横断時の左右目視や渡り方などを身に付けていた。

 息子の健ちゃん(3)と参加した高木崇さん(47)は「映像で丁寧に教えてくれたので分かりやすく、親子で勉強になった」と話していた。

高津署主催の取り組みも

 一般的に子どもは小学校入学とともに行動範囲が広がり、保護者の目も離れやすくなる事から、高津警察署でもこうした交通安全教育に力を入れている様子。保育園や幼稚園などの依頼があれば交通マナーを身に付けることができる安全教室を適宜実施しているという。

 また例年、新入学シーズンにあわせ同警察署の母の会が地元の新小学1年生全員に「反射板」や啓蒙チラシを配布するなど、園児や児童を事故から守る取り組みを日々、続けている。

高津区版のローカルニュース最新6件

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

令和の幕明け、笑いで祝う

令和の幕明け、笑いで祝う

溝口でやかん寄席

5月3日~5月3日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    4月26日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク