高津区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

市男女共同参画センター 女性向け防災冊子改訂へ 時代に合わせ内容一新

社会

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena
議論する参加者ら
議論する参加者ら

 市男女共同参画センター(すくらむ21)が2013年に発行した女性向け防災冊子「防災BOOK」、「防災手帖シニア版」を初めて改訂する。防災情報の更新が目的で、地域住民を交えた最初の編集会議が3月16日に同所で開かれた。

 改訂の主な目的は、古い防災マップなどの更新、冊子を1冊にまとめる情報の集約化が狙い。2冊は同センターが東日本大震災を教訓に市民の防災意識を高めようと、地域住民を編集メンバーに加え6年前に作られた。

 編集会議は、前回冊子編集に携わったメンバーで構成する「女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクト(JKB)」、新規参加者、溝口在住で防災アドバイザーの上園智美さんの11人で始動。

 会議始めに、防災関連会社に勤める上園さんが、3年前の熊本地震で被災地を訪れ目の当たりにした状況、さまざまな課題について話した。これを受けて、区内で発生しうる土砂崩れ、河川氾濫などの自然災害を想定しながら、高津区内の防災課題を挙げていった。

 この日、最も議論されたのはトイレ。「簡易トイレの使用方法を知らない人が多いのでは」と指摘。特に女性は野外で性犯罪に巻き込まれる危険性も考えられるなど、さまざまな視点で議論された。また「ガスの元栓は閉めてから避難」といった従来の避難方法に疑問の声も。「まずは自分の命が最優先で、閉めなくていいと思う」という意見も聞かれた。

 JKBの三村英子さんは「今回出たアイデアを煮詰めていき、オリジナリティーある冊子を完成させたい」と意気込んだ。新しい冊子は、2020年1月に発行予定。

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

「自由通路」6月供用へ

JR南武線津田山駅

「自由通路」6月供用へ 社会

利用者の”悲願”まもなく

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク