高津区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

市男女共同参画センター 女性向け防災冊子改訂へ 時代に合わせ内容一新

社会

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena
議論する参加者ら
議論する参加者ら

 市男女共同参画センター(すくらむ21)が2013年に発行した女性向け防災冊子「防災BOOK」、「防災手帖シニア版」を初めて改訂する。防災情報の更新が目的で、地域住民を交えた最初の編集会議が3月16日に同所で開かれた。

 改訂の主な目的は、古い防災マップなどの更新、冊子を1冊にまとめる情報の集約化が狙い。2冊は同センターが東日本大震災を教訓に市民の防災意識を高めようと、地域住民を編集メンバーに加え6年前に作られた。

 編集会議は、前回冊子編集に携わったメンバーで構成する「女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクト(JKB)」、新規参加者、溝口在住で防災アドバイザーの上園智美さんの11人で始動。

 会議始めに、防災関連会社に勤める上園さんが、3年前の熊本地震で被災地を訪れ目の当たりにした状況、さまざまな課題について話した。これを受けて、区内で発生しうる土砂崩れ、河川氾濫などの自然災害を想定しながら、高津区内の防災課題を挙げていった。

 この日、最も議論されたのはトイレ。「簡易トイレの使用方法を知らない人が多いのでは」と指摘。特に女性は野外で性犯罪に巻き込まれる危険性も考えられるなど、さまざまな視点で議論された。また「ガスの元栓は閉めてから避難」といった従来の避難方法に疑問の声も。「まずは自分の命が最優先で、閉めなくていいと思う」という意見も聞かれた。

 JKBの三村英子さんは「今回出たアイデアを煮詰めていき、オリジナリティーある冊子を完成させたい」と意気込んだ。新しい冊子は、2020年1月に発行予定。

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版のトップニュース最新6

男子高生がアロマ事業

坂戸在住高橋さん

男子高生がアロマ事業 経済

企画・開発から着手

6月18日号

解き明かす「大地の暗号」

日本地名研究所

解き明かす「大地の暗号」 文化

設立40周年、企画展も

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

課題解決へ新たな力

たかつ若者ミライ会議

課題解決へ新たな力 社会

「まち協」内に組織発足

6月11日号

「体験重視の寺子屋」広がる

NPO法人SELF

「体験重視の寺子屋」広がる コミュニティ教育

実績活かし2校目、開講へ

6月4日号

リノベ複合施設竣工へ

NTT溝ノ口ビル

リノベ複合施設竣工へ 社会

地域色前面、「集える場」に

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter