高津区版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

溝口飲食店「テトテオ」 商店街活性化に貢献 空き店舗の開業に表彰状

社会

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
同店店主の丸山さん
同店店主の丸山さん

 市内商店街で新たに開業した店を対象に、優れた店を表彰する「第4回いらっしゃい!商店街のNEW SHOP」の受賞者が先月発表され、溝口中央商店会に一昨年開店した飲食店「TETO─TEO」(株式会社ワイエムピー╱丸山祐樹代表取締役)が大賞を受賞した。

 この表彰は、過去3年以内に市内商店街に開業した店が対象。開業経緯、実績、これからの展望、商業エリアへの思いが審査される。

 「TETO─TEO」は2017年7月に溝口中央商店会に開店した。飲食店を軸に、オーガニック食材やテーブルウエアの販売、ライブなどを行っている。

 丸山さんは「開店するとき、街に根差した店にしたいと考えていた。取り扱うものは決めずに、必要とされるものをやろうと思っていた」と話す。

連携で街を豊かに

 丸山さんは来店客や店のスタッフから話を聞きながら地域のニーズを探っている。武蔵新城のパン店から仕入れる天然酵母パンや店内の音楽ライブは、「パン屋が少ない」「食事をしながら音楽を楽しみたい」「演奏を披露する場がほしい」などの声から始まったものだ。

 丸山さんは「溝口は音楽大学があり、学生が演奏の場を求めている話も聞いた。パンは隣駅にいいお店があり、取り扱ったら嬉しいかなって思って。さまざまな人たちの連携で街が満たされてくれれば」と思いを話す。

 前職は全国展開する飲食店や音楽ライブなどを手掛ける会社の経営に携わっていた。店舗の効率的な運営に注力するうちに、「目の前のお客さんや生産者など目の前の人のことを考えた仕事がしたいと思った」という。

 溝口に出店を決めた理由のひとつに「生産者が近い」ことがある。同店は高津区、宮前区の農家7、8軒と契約。地元野菜を使った「お惣菜定食」は同店の看板メニューだ。

 農家と一緒に収穫体験型レストランも現在企画中だ。丸山さんは「目指すのは街歩きが楽しいエリアに。飲食店や生産者、街に関わる人皆で盛り上げていけたら」と話す。
 

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク