高津区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

今月、高津消防署の署長に就任した 藤原 收(おさむ)さん 川崎区在住 58歳

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

まち全体を守る署に

 ○…署員150人を束ねるリーダーに。就任直後のあいさつでは「署員が『安全、確実、迅速』を徹底しなければ、人命救助は務まらない」と厳しく語りかけた。一方、「署員に笑顔がないと町も元気がなくなる。リラックスして職務を全うしよう」と優しく包み込んだ。「責任感を持って仕事をするのは当たり前。でも気を張り過ぎたら結果が出ないよ」と笑う。

 ○…多摩区出身。消防士を志したのは友人の影響だと語る。地元に貢献したい熱意に胸を打たれたと同時に、社会人になってからでも新しい夢を追えることに気づかされたという。「自分も地域貢献できる消防士になりたい」。大学卒業後に新卒で勤めていた建設会社を退職し、24歳で消防士の道に進んだ。消防学校では高卒の若い署員たちと共に腕立伏せ連続100回、1500メートル走など厳しい訓練に耐え抜いた。体力的には苦しいことばかりだったが辞める選択肢はなかったと当時を振り返る。「初めて明確な目標を持って進んだ道。毎日が勉強と思えば苦にならなかったよ」

 ○…高津消防署での勤務は3年ぶり3度目。同署では庶務課長、副署長を経験してきた。「街並みは少し変わったけど、人の温かさは変わらない」と高津への思いを語る。地域が一丸となって町を守る意識が高く、自分のモチベーションも上がると目を輝かせる。「区民に寄り添う消防署であり続けたい」と力を込める。

 ○…現在は妻と息子、娘の4人暮らし。双子の祖父でもあり「孫がかわいいからつい甘やかしちゃう」と照れ笑い。尊敬する父の教え、「勉強は他人から指示されず、自ら意欲的に学ぶもの」という言葉を胸に、常に高津のことを学び続けていきたいと口にする。家族だけでなく区民と署員を守る職務に努めていく。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク