高津区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

今月、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に就任した 野村 幸平さん 宮前区在住 40歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

一人ひとりの個性を守る

 ○…市民が性別などに関係なく活躍できる社会を目指す施設の舵取り役に。すくらむ21での勤務は7年ぶり2度目。「高津は古くからの商店街があり皆さん温かい」と思いを語る。6月には多くの市民団体が模擬店などを出店し地域交流する「すくらむ21まつり」も控える。「施設と地域が一体となる大きな祭り。館長としては初めてになるので当日がとても楽しみ」と笑顔で話す。

 ○…大学、大学院では平和や人権についての学問を専攻して研究に没頭。所属したゼミでは広い視野を持った仲間たちと出会い自分の考え方も広がったという。高校生まで心のどこかで抱いていた「男性だから、女性だから」という固定観念を払しょくできたと同時に、個性を尊重する大切さに気づけたと当時を振り返る。「大学、大学院での研究を還元できる仕事に就ければ」と思い、すくらむ21など男女平等を推進する施設を管理する会社に入社した。

 ○…昨年度までは都内の男女平等参画センターで館長を務めた。どこのセンターも住民からの認知度が低いのが課題だと語る。センターで行う講座の充実化も大切だけど、まずは近隣住民にどういう施設なのかを理解してもらうための広報が急務だと話す。「与えられた仕事だけでなく、職員が自らも外部に情報発信していく姿勢が問われる」とも。

 ○…すくらむ21の男性館長は久しぶりとのことだが「特に意識していない。男女が安心して足を運べる施設を目指していくことに性別は関係ない」と自然体で話す姿は、まさに男女平等を理念にしている施設を体現している。「市内唯一の男女共同参画センターとして責任は大きい。利用者が自分らしさを出せる場所を守っていきたい」と意気込みを語った。

高津区版の人物風土記最新6

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その1 山田 義太郎さん

    9月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク