高津区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

カナコレBANDがV報告 本紙記者、凱旋コンサートに大興奮

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
ステージで演奏するカナコレBAND
ステージで演奏するカナコレBAND

 溝ノ口劇場専属バンドという地域密着でファンを楽しませている「カナコレBAND」。先月、川崎で行われた音楽フェスティバルでは、初出場を初優勝で飾り活動に勢いを見せている。彼らが出演するコンサート「KANACOLE」に本紙記者が足を運んだ。

 午後8時頃、劇場に到着すると既に仕事帰りの会社員や親子連れで賑わいを見せていた。ステージでは、世界でも活躍している佐々木俊一さんがロープを使ったマジックを披露。佐々木さんが手にした切れたロープに観客が息を吹きかけると一瞬で元通りに。会場は興奮と驚きに包まれた。

 次に登場したのは、シリアスな曲もコミカルに歌う「こみかるみっちゃん」。TRFの歌詞「サバイバルダンス」を“鯖威張るダンス”と称し、映像で鯖に関する豆知識を流すと本紙記者も思わず大爆笑。今話題の言葉を格好良く発音するパフォーマンスでは、「翔んで埼玉」など無茶ぶりにも笑顔で応えた。

 そしてクライマックスにカナコレBANDが登場。まさに“凱旋コンサート”となったステージでは、いきものがかりのYELLなど3曲のカバー曲とバンドのオリジナル曲「空へ」を熱唱した。曲間ではボーカル・TOMOさんがフリートークを披露。「バンドは勢いに乗っているけど調子に乗っていません」など話術でも観客を楽しませた。

 コンサート終了後にはカラオケ大会を開催し、出演者と観客が交流する一幕も。帰り際に主催者から「お疲れ様でした」と声を掛けられた。ハンバーガーのお土産ももらい温かみを感じた。次回は5月10日。令和最初のコンサートにも注目が集まるだろう。

高津区版のローカルニュース最新6

巨大なペットボトルキャップアート、注目の的に

巨大なペットボトルキャップアート、注目の的に 教育

橘小学校児童の力作、市主催の作品展でお披露目

2月14日号

春告げる梅の香り

春告げる梅の香り 文化

梅林公園でこれから見頃

2月14日号

県赤十字から感謝状

川崎高津ロータリー

県赤十字から感謝状 社会

長年献血活動等に貢献

2月14日号

集結「ハーモニカ愛好者」

高津市民館入場無料

集結「ハーモニカ愛好者」 文化

23日に恒例コンサート

2月14日号

「祈願する少年」が区長賞に

“映える”風景フォトコン

「祈願する少年」が区長賞に 文化

2月21日から作品展示も

2月14日号

最新調査結果を発表

橘樹官衙遺跡群

最新調査結果を発表 文化

国史跡5周年記念シンポ

2月14日号

「結婚」身近に 実践セミナー

「結婚」身近に 実践セミナー 社会

横浜市主催 親向け講座も

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その4 大竹 寿一(ひさいち)さん

    2月7日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク