高津区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

今日から新元号 高津にも「令和商戦」ようやく 祝賀ムード高揚へ一役

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
急ピッチで作業が進む「令和ラベル」
急ピッチで作業が進む「令和ラベル」

 いよいよ今日(5月1日)から新元号「令和」が始まった。ちょうど1カ月前の発表直後は、大きな動きがみられなかった高津区内の関連商戦(本紙4月5日号・既報)も、祝賀ムードの高まりと共に、にわかに活気づいてきている。

 新元号「令和」に関連し、これをそのまま商品名にした日本酒を販売しているのが「川崎小売酒販組合」(【電話】044・866・5829)。元々、高津区長がラベル製作に携わる地元の名酒「たかつ」を、期間限定で「令和」ラベルで売り出しているもの。

 発注先となる「吉川醸造」(伊勢原市)では、先月下旬にかけて令和ラベルを貼り付ける作業が急ピッチで進められており、改元当日に向け大わらわといった様子。

 こうした苦労を経て生み出された「たかつ」ベースの名酒「令和」は、区内にある組合加盟店舗(一部除く)で入手可能。同組合で北支部長を務める森昭司さんは「多くのお客様から好評頂いている地元ゆかりの日本酒(たかつ)で、令和の訪れを一緒にお祝いできれば」と話している。

「滅多にない」に躍起関連商品やセールも

 新元号発表直後には、大きなトピックスが皆無に等しかった溝口界隈にもようやく「令和ムード」が到来している。

 駅近くにある「マルイファミリー溝口」の1階(食料品売場)にあるテナント店舗では、令和にちなみ、関連性を持たせた食料品やギフトなどが次々と並べられ、買い物客の祝賀ムード高揚にも一役買っている。

 関連商品を購入したという区内の主婦は「日常使いの食料品でも”令和”にちなんでいた方が、なんとなく買いやすいですね。(改元は)滅多にない機会ですし」と話し、買ったばかりのスイーツを手に大満足といった笑みを浮かべていた。

遊技場の景品にも

 さらに、令和にちなんだグッズを景品コーナーに並べ、遊戯来店をアピールするパチンコ店も見受けられるなど、関連商戦は今後ますます過熱しそうな情勢。高津区内の国産車の販売ディーラーでも今日を皮切りに「祝・令和」と銘打ったセールを予定するなど、皆一様に虎視眈々(こしたんたん)と売り上げアップを狙っている様子。

 ある統計によれば「通常の大型連休よりも3割以上の支出増が見込まれる」といった試算も出ており、各方面の鼻息の荒さを物語っている。

溝口も令和を祝うムード
溝口も令和を祝うムード

高津区版のトップニュース最新6

「サンレッド」人気健在

区内舞台ギャグ漫画

「サンレッド」人気健在 文化

新刊出版にファン歓喜

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク