高津区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

自民党 川崎市議会議員 青木のりお 市政報告 令和新時代「動く、進める。」

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

《令和新時代》

 いよいよ本日から令和が始まりました。令和という元号についてどのような印象があるでしょうか。ある新聞によると、80%以上の人がいいと感じているそうです。

 この令和という言葉を考案したといわれる国文学者の中西氏によると、約6年かけて考案したそうです。元号はそれくらい時間をかけて熟考されなければならないものなのです。

 中西氏は「令」という漢字には「善い」という意味があり「レイ」という音には「麗」があると述べ、「和」には「和をもって貴しとせよ」とした17条の憲法の精神があると説明しています。「和」の精神があって善いから「令和」。戦争のなかった平成の次に来る時代がどういうものかという事を考えながら行き着いた答えが「令和」との事です。中西氏曰く、「令和」という言葉には「和をさらに強調する、つまり令という麗しき和を築く」という大きなスローガンが込められています。高津区においても、子育て、高齢化、市の景気対策など様々な分野で新元号のスローガンを意識して、一層皆様に寄り添っていきたいと思います。

《令和と高津》

 高津区はもともと川崎の中心地でした。明治以前は武蔵国橘樹群と呼ばれており、その役所跡である橘樹群衙跡が川崎初の国史跡に指定されたことは記憶に新しいかと思います。

 「橘の古婆(こば)の放髪(はなり)が思うなむ 心うつくしいで 我れは行かな」

 このように「橘」という地名は万葉集でも詠まれています。新元号の出典となった万葉集にも登場し、約1200年前から脈々と受け継がれる橘の伝統を大切にしながらも、新しい時代を皆様とともに切り開いていきたいと思います。

《令和「動く、進める。」》

 京都大学IPS細胞研究所の山中教授は「令和の和は伝統的に使われてきた漢字であり、令は初めて使われる漢字。まさに伝統とチャレンジこれからの日本を指し示す姿のようだ」と述べています。前述の通り「橘」はまさに伝統のまち。新時代「令和」に込められた想いを受け止め、高津区の伝統を守りながら、新しいことにチャレンジしていきたいと思います。

青木のりお

川崎市高津区千年637-4 グランドゥールチトセ201

TEL:044-788-8899
FAX:044-788-6440

http://aokinorio.com

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

連載223回

「くにこ」の県庁見聞録

女性活躍推進議連

9月13日号

過去最高を更新した市税収入率

数値でみる川崎と高津No.52 シリーズ

過去最高を更新した市税収入率

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月6日号

自衛隊への名簿提出中止を

市政報告

自衛隊への名簿提出中止を

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

8月30日号

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊸

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

川崎市議会議員 さいとう伸志

8月23日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載222回

「くにこ」の県庁見聞録

〈7月5日号続き〉 勤務医師と製薬会社【2】

8月9日号

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

数値でみる川崎と高津No.51 シリーズ

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

8月2日号

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊷

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その1 山田 義太郎さん

    9月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク