高津区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

「農家さんの思い知って」 小学生向け絵本制作

文化

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
発行する絵本を手にする村瀬さん
発行する絵本を手にする村瀬さん

 「ちょくばいじょ?やさいってスーパーでかうものかとおもってた」―。

 川崎市内の農業や直売所での野菜の買い方などを農家猫「サヴァ」とボーダーコリーの「チャオ」が説明する小学生向け絵本「まちのはたけとなかよくなろう」が今春発行され、話題を集めている。

 制作したのは地元クリエイターで構成する「まちの畑実行委員会」。同会代表を務める村瀬成人さんは「新鮮な野菜が身近なところで手に入ること、畑のマナーを絵本を通じて知ってもらえたら」と話す。

 この取り組みは、市の「農商工等連携モデル事業」のひとつ。同委員会は一昨年度から市内農業の理解を深めてもらう冊子やポスター、市内農家を紹介するWebサイトを制作している。

 「農家さんの困りごとの解決にデザインで力になれないか」と考えたことが結成のきっかけ。制作する前に、農家に聞き取り調査を実施した。直売所の野菜を無銭で持って行かれる、畑泥棒などの困りごとは想定していたが、驚いていたのは農家さんに怒りの感情が強くなかったこと。「それよりも農家の気持ちをわかってほしい、畑に親しんでほしいという気持ちが強かった」と村瀬さん。

 絵本には直売所の仕組みや手間と時間をかけて野菜を作っていること、ゴミのポイ捨てについて簡潔に描かれている。「身近にある畑を大切に、仲良く付き合ってもらえれば」と村瀬さん。絵本はホームページ(http://machinohatake.net)からダウンロードまたは村瀬さん(【携帯電話】090・2704・0119)に問い合わせを。

高津区版のローカルニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 文化

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

「岡本かの子、知って」

高津ゆかりの歌人・小説家

「岡本かの子、知って」 文化

生誕130周年企画、再び

10月18日号

銭湯の「プラスα」次々と

銭湯の「プラスα」次々と 文化

千年温泉のサービス、話題に

10月18日号

朝鮮学校でフェス

朝鮮学校でフェス 文化

27日「食と文化味わって」

10月18日号

美術工芸人の技、今年も

高津区文化協会

美術工芸人の技、今年も 文化

市民館で「実演イベント」

10月18日号

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク