高津区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す 井田 政男さん 川崎漁協高津地区所属 75歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

次代に繋げる「横綱の矜持」

 ○…今年も6月1日に解禁となった「多摩川のアユ釣り」。コロガシと呼ばれる手法で、沢山の太公望たちが自慢の腕を揮う中、ひと際キレのある竿裁きが人目を惹く。「ちょっと前の大雨で状況は良くなったとはいえ、全体的には水温も水位も低く、鮎のサイズも小ぶりだね」と、クリップオンタイプのサングラスの向こうで苦笑いをみせる。

 ○…子どもの頃から川釣りを好み、勤め人を退いてからはシーズン中のほぼ毎日、宇名根近辺の多摩川流域で鮎と戯れる。ちなみに昨年の延べ釣果は8千5百匹。15年ほど前には9千5百匹を釣り上げた事もあり「年間釣果1万匹」は長年追い求める夢のようなもの。今シーズンは前出の事情もあり実現はかなり望み薄といった様相だが「夏以降に期待だね」とわずかな希望を抱き、腕を撫す。

 ○…「コロガシ釣り」において、アタリを見分ける微妙な感覚がとても重要なのだとか。これを天性持ち合わせ並外れた釣果を挙げる名人級の腕前につけられたあだ名は「横綱」。釣具や技術の研究にも余念がないが「聞いてくれれば教えますよ」と秘策を隠す素振りさえ見せずニッコリ。一方で「川魚、食べるの苦手なんだよね…」と、驚愕の一面も。釣り上げた鮎は近所に配ったり、お祭りなどの際に塩焼きで振舞ったりしているのだとか。

 ○…自宅は宮前区だが「スカウトされたんだよ」と、川崎漁協高津地区に所属。鮎が産卵しやすい環境を整えるため遡上ルート(魚道)の整備や、生態調査などといった、環境保護活動にも熱心に力を注ぐ。そこには長きにわたり慣れ親しみながら、高度成長期には生活排水等が流れ込みアユ釣りなど全くできる状態になかった多摩川の環境良化を心から喜び、これを次代へと繋げようとする、強い想いが感じられた。

高津区版の人物風土記最新6

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その1 山田 義太郎さん

    9月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク