高津区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した 森 繁昭さん 下野毛在住 75歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

好奇心をいつまでも

 ○…区内老人クラブ56団体、2600人以上の会員をまとめる大仕事を任された。「会長職は光栄だけど会議などで忙しくなるかな」と笑う。近年は会員数の減少など課題は多い。「通称の『ふれあいクラブ高津』を浸透させ、シニア世代がいつまでも若い気持ちで楽しめる場所を守っていきたい」と抱負を語る。

 ○…5歳から下野毛で暮らし、東高津小、高津中卒。大学卒業後は当時珍しかったというシステムエンジニアの道へ。機械全般のシステム整備などに携わった。幼少期から好奇心旺盛で新しいことにチャレンジしたくなる性格だと語る。20代の頃は高度経済成長期の真っ只中。働き詰めで苦しい思いもしたというが、技術の進歩を間近で学べたことが貴重な財産になったという。「スマートフォンの予見はしていたよ。作れなかったけど…」と無邪気に笑う。

 ○…62歳で下野毛の老人会に入会。父親が晩年お世話になった会に恩返しがしたかったことが決め手だったという。IT関連の会社を経営していたが、会の活動に専念するために68歳で自主廃業。老人会の会長、区老連では副会長と総務部長を兼任した。元システムエンジニアということもあり機械類はお手の物。パソコンで難しい文書の作成はもちろん、50周年を祝賀して作った100ページ相当の記念誌をデータ化。「多角的に後世へ引き継げれば」と話す。

 ○…会員が作った美術品などを展示した「趣味の作品展」では自らも陶芸品を出品。陶芸のほか、カメラ、旅行と多趣味。昨年は社交ダンスサークルを立ち上げるなど活動の幅を広げている。演芸大会やスポーツ大会など既存の催しでも新しいことを盛り込んで変化を与えていきたいと話す。「会が一丸となり何でも好奇心を持って取り組みたい」

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

村山 文子 さん

「ステキに映え農フォトコンテスト」で区長賞を受賞した

村山 文子 さん

溝口在住 67歳

2月14日号

菅野 真楠さん

「溝ノ口劇場」2代目支配人に就任した“MAX(マックス)”こと

菅野 真楠さん

千年在住 31歳

2月7日号

石関 武之さん

「第21回NHK全国俳句大会」で約5万作品の中から特選を受賞した

石関 武之さん

北見方在住 78歳

1月31日号

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク