高津区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した 村田 俊一さん 千年在勤 58歳

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

地域の郷土愛を見守る

 ○…川崎市職員として35年間勤務。32年ぶりに橘の街に戻ってきた。「街の風景は変わったが、地元住民の熱い郷土愛は昔と同じ」とにっこり。ホタルの観察会など、地域の催しに参加すると伝わってくるという。「あと2年で定年。橘で始まり、橘で終わるのも何かの縁。社会人としての土台をつくってくれた場所に恩返ししたい」と思いを語る。

 ○…入庁は1984年。橘出張所に配属され、住民票の発行業務などを任された。当時は凶悪犯罪で捕まった犯人が住民登録されていたことで、夜中に新聞記者が訪問。マスコミ対応に追われた。「新卒で右も左も分からなかったから大変だった…」と当時を振り返る。橘出張所に3年間勤めた後、本庁の総務企画局などでキャリアを積んだ。「どこの部署に行っても最初の3年間が励みになった」と話す。

 ○…勤続35年。これまで様々な境遇の人を窓口で対応。市営住宅の家賃滞納者などの相談も親身に受け付けてきた。時には強面な男性から無理難題を押しつけられ、唾をかけられるなどの辛い体験もしたという。それでも無理なことは無理だとはっきり伝えることが大切だと力強く語る。穏やかな人柄の中に芯の強さを感じる。「どんな人でも誠意をもって対応すれば理解してくれる」

 ○…月3回、父兄で構成する地元横浜市のバスケチームで汗を流す。メンバーとは子どもの学童保育で出会い、気心の知れた仲だという。「それぞれ勤務地などが違っても地域を思う気持ちは一緒」と語る。「地元のつながりを大切にする心を橘の皆さんに教わった」。現在は、今年で40回の節目を迎える「橘ふるさと祭り」の準備に明け暮れる。「主役は地域の皆さん。祭りが盛り上がるように自分はサポート役に徹したい」と話す。

高津区版の人物風土記最新6

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

溝口の商業施設内にあるゴミ処理施設のイメージ刷新に尽力したイラストレーター

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

川崎区在住 43歳

8月2日号

小林 康人さん

ストーンアート作家で夏休み工作講座の講師を務める

小林 康人さん

下野毛在住 81歳

7月26日号

谷崎 美貴さん

絵本の読み聞かせグループ「たかつあおむしの会」の代表を務める

谷崎 美貴さん

新作在住 

7月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク