高津区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

延期を糧に野外マルシェ 初企画も雨天には勝てず

文化

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
この直後に雨が降り中止となった
この直後に雨が降り中止となった

 どんよりとした曇り空と、時折降りしきる冷たい雨模様となった先月上旬。区内・二子エリアでは「マルシェ」と呼ばれる催しが予定されていた。

 仏語で「市場」と意味するこのイベントを、多摩川の河川敷で実施しようと画策していたのは、二子在住の新井美代子さん。折角の準備も虚しく雨天中止の決断を強いられてしまったものの、早々に次の実施に向け動き出した新井さんらの野外マルシェ「あおぞらMoms」。そのプランは―?

身近な自然を守りたい

 このマルシェは二子新地駅周辺に住み、アロマセラピストなどの資格を持った母親で構成する「アメージングマムズ」が売り上げの一部を市に寄付するもの。この団体は、数年前から近隣の駄菓子屋などの一室を借りて定期的にマルシェを開催。以前から、多くの人に楽しんでもらえる屋外イベントを企画したいとの思いでいたが、具体的な案が思い浮かばなかったという。

 そんな時、新井さんの目に留まったのが「川崎市緑化基金」。この基金は市が市民などから募った募金で、緑化に関する施策に活用していくもの。

「身近な自然は何か?」と考え、すぐに思い浮かんだのが多摩川。「自分たちの生活圏である川の環境保全に貢献できれば」と企画に踏み切った。

子どもたちも一緒に準備

 新井さんは「マルシェを企画できたのは、子どもたちの支えあってのこと」と話す。家事などで日中忙しいメンバーだけでは到底無理だったと振り返る。「あおぞらM0MS」とカラフルに描かれた布看板は子どもたちの協力もあり完成。この布看板は次回開催まで大切に保管しておくという。

反省踏まえ新戦略も

 メンバーらは梅雨に企画したことを反省。次回は天候に恵まれ、参加者が快適にイベントを楽しめる春先を予定しているという。また、急ぎ足で準備したため、広報の時間をしっかりとれなかったことも問題提起。各々のSNSで発信したところ、特に子育て世代からのアクセスが相次いだことから、「あおぞらMoms」のフェイスブックページを立ち上げた。メンバーたちは「今後は日頃の活動をこまめにアップし、より多くの人に興味を持ってもらえれば」と期待を込める。

 新井さんは「今回の延期を糧に、メンバーが一丸となって準備を進めていきたい」と話した。

「あおぞらMOMS」と描かれた布看板
「あおぞらMOMS」と描かれた布看板

高津区版のローカルニュース最新6

KSP社長に「SDGs」学ぶ

地元選出議員有志

KSP社長に「SDGs」学ぶ 社会

初の”内田勉強会”盛況

8月23日号

多様なスポーツ集結

カルッツ

多様なスポーツ集結 スポーツ

25日、体験企画やプロレス

8月23日号

小林氏を組合長に選出

小林氏を組合長に選出 社会

川崎市遊技場組合

8月23日号

夏場の食虫毒に注意を

夏場の食虫毒に注意を 社会

区食協 溝口駅で啓発活動

8月23日号

地域に元気届け、15回目

なかよしコンサート

地域に元気届け、15回目 文化

「川崎の歌姫」も来場呼掛け

8月23日号

減らせ!「食品ロス」

減らせ!「食品ロス」 経済

催し控え、関係者もPR

8月23日号

小学校建設へ、前進

小学校建設へ、前進 社会

理美容で寄付54万円

8月16日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク