高津区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

連載221回 「くにこ」の県庁見聞録 勤務医師と製薬会社

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

くにこ)ワセダクロニクルという探査報道サイト見た事ありますか?

司会)いいえ。探査報道?

くにこ)ええ。今新聞や雑誌などで取り上げられている注目すべきサイト。自ら課題を掘り起こして、取材・研究・分析などを行い報道するんです。ワセダクロニクルは過去には強制不妊手術報道で、現在は医師が製薬会社から受領した金銭をデータベースにまとめて公開している、医師と製薬会社のマネーデータベースが大きな注目を集めています。

司会)ああ、新聞や雑誌でマネーデータベースって言葉を見ましたね。

くにこ)2016年に製薬会社がHPで公開している講演料・コンサルタント料・原稿料などの名目で支払った金額を、医師別、学会別に名寄せして、分析したんです。その結果は、驚くべき内容!

司会)どんな?

くにこ)2016年、製薬会社から医師に支払われた総額が266億円。年間1千万円以上受け取った医師は96人。その8割が大学教授。2千万円以上受領者が6人。大学教授、学会幹部、病院長など医学会で影響力が強い医師たちに多額の金銭が渡っているんです。全国の医師数は30万人。ほんの一握りの医師が勤務外アルバイトとして製薬会社から多額の金銭を受領している。これを知って不安を覚えない患者はいないはずです。血友病患者が問題ある血液製剤によりHIVに感染したあの大きな事件を連想してしまいますよね。

司会)そうですよ。お金をもらっているからって効果がない薬を処方されたらたまりませんよ。

くにこ)ですよ。アメリカではサンシャイン法により医師に10ドル以上の金銭を支払ったら製薬会社は公表する義務がある。でも日本にはそういう法律がないんです。だから、「講演」や「コンサル」といった名目でお金が垂れ流され、その分は薬価として、私たちが払わされる。なんと、県立病院にも年間で1千万も製薬会社から受領している医師がいるんですよ。びっくりして、今、これを追及中です。合法なのか?どうかを含めて。

司会)本当ですか?

-続く

神奈川県議会議員 小川くにこ

川崎市高津区久本2‐7‐34

TEL:044-865-1313
FAX:044-888-3600

http://www.kinet.or.jp/seseragi/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

数値でみる川崎と高津No.50 シリーズ

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月5日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

数値でみる川崎と高津No.49 シリーズ

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月7日号

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

二期目の議会を迎えて

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊶

二期目の議会を迎えて

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月24日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク