高津区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

区とたち農推進会議 “映える”高津を探せ 写真展、SNSで作品募集

文化

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 スマホの写真共有アプリ「インスタグラム」を使った写真展開催に向け、高津区とたちばな農のあるまちづくり推進会議は現在、写真投稿を呼び掛けている。「映える」高津区の風景などをスマホで撮影、投稿してもらうことで、区の魅力の発見、発信につなげることが目的。

 区とたちばな農のあるまちづくり推進会議は、区民が撮影した風景写真を展示する「たちばな風景写真展」を7年前から開催している。応募方法がプリント写真の郵送、持参に限られ、近年、応募者の固定化や減少などが課題にあがっていた。

 区と同推進会議はスマホの写真共有アプリ「インスタグラム」を活用することで、撮影や応募方法の手軽さから応募者を増やしたい狙いがある。

 募集テーマは、これまでの「区内の農風景、歴史スポットの四季折々の風景」に加え、「区内飲食店などで提供される地元野菜を活用したメニュー」、「活況ある区内イベント」、「区の知名度向上に関するもの」が加わる。

 同推進会議のメンバーのひとり、笹子まさえさんは「スマホという手軽さで住む地域の良さを発信してもらいたい」と期待を込める。また、10月にインスタの投稿方法も学べる撮影ツアーを実施する。講師を務める山本秀男さんは「撮影する側も、される側も構えないところがスマホのよさ。画像調整のお勧めアプリなども紹介できれば」と話す。

 募集は11月30日まで。入賞作品を選定し、12月に区役所、市民館などで展示していく予定。

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク