高津区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

絵本の読み聞かせグループ「たかつあおむしの会」の代表を務める 谷崎 美貴さん 新作在住 

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

読書の魅力、子どもたちに

 ○…高津市民館で地域の未就学児に絵本の読み聞かせを行う通年事業「ぽかぽかおはなし会」を初めて開催。「息子が幼かった頃、絵本を読んであげた記憶が蘇った」と、どこか懐かしい気持ちになったという。「歌う絵本や立体絵本、紙芝居など様々なジャンルを読み、子どもたちに心から読書を楽しんでもらえれば」と笑顔で話す。

 ○…長男が通う新作小学校では、児童に読み聞かせなどを行う、図書ボランティアとして活動。活動の幅を広げようと昨年、読み聞かせボランティアの講座を受講。そこで出会った仲間たちで「たかつあおむしの会」を結成した。地域の主婦14人からなり、絵本「はらぺこあおむし」がその名の由来だ。「志の高いメンバーに囲まれ、いつも助けられている」と感謝の言葉を口にする。「息子が小6なので図書ボランティアは今年度で引退となり寂しい。その分、今まで以上にあおむしの活動を頑張っていきたい」と凛とした表情で話す。

 ○…幼少期は動物や自然など幅広いテーマを扱った「ひみつシリーズ」を愛読。「遊び感覚ですらすら読め、自分を本好きにしてくれた原点かな」とにっこり。歴史の本と思想の本を一緒に読むといった独自の楽しみ方も嗜む。西郷隆盛が愛犬家だったというエピソードなどが知れ、理由を追及することが面白いという。「本に書かれていることだけでなく、自分なりに想像を膨らませるのも読書の醍醐味」だと語る。

 ○…「読み聞かせの技術力を高めたい」という一心で朗読教室や、子どもに読書意欲を起こさせるブックトークの講座で腕を磨く。「やるからには全力で取り組みたい」と穏やかな表情で話すが、言葉の奥に強い信念が感じられる。「本はいろんな知識を得られる、いわば『生きる上での土台』」

高津区版の人物風土記最新6

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

溝口の商業施設内にあるゴミ処理施設のイメージ刷新に尽力したイラストレーター

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

川崎区在住 43歳

8月2日号

小林 康人さん

ストーンアート作家で夏休み工作講座の講師を務める

小林 康人さん

下野毛在住 81歳

7月26日号

村田 俊一さん

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した

村田 俊一さん

千年在勤 58歳

7月5日号

持田 稔さん

高津消防団の第12代団長に就任した

持田 稔さん

下作延在住 65歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク