高津区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

川崎市 洪水対策、ドローン活用へ 民間実験に河川提供

社会

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
全天候型ドローン=国土交通省提供
全天候型ドローン=国土交通省提供

 集中豪雨などによる河川氾濫に備え、市民に的確な避難情報を発令するため、川崎市はドローンなどの新技術を活用する方針を固めた。先端技術を持つ民間企業に対し、市内の河川を実験場として提供する。7月から協力企業を募集しており、審査に通り次第、企業は実験に着手する。実験結果を踏まえドローン技術や精度の高い水位予測ができるシステムを導入したい考えだ。

 3年前から同様の施策を行っている国は、水面の下の測量もできるドローン技術を採用。河川を立体的に把握することで水の流れの予測に役立つ技術を活用している。また、台風など強風下でも被害調査ができる全天候型ドローンを導入し、コストや危険性を低くする効果を上げている。

 市は「実際に市内を流れる身近な河川を企業の実験対象にしてもらうことで、その河川特有の水位予測を行いデータを集積したい」としている。水位予測技術を高め、今まで課題となっていた避難情報を発令するタイミングを適切にし、市民の安全につなげたい考えだ。

 また、市は河川のリアルタイムの監視も検討。現在使用している静止画のカメラに加え、動画を撮影し続けるライブカメラや荒天時に飛ばすことのできる全天候型ドローンを導入することも視野に入れている。

 この取り組みについて、災害現場で使用する技術を開発するアジア航測(株)(麻生区)の研究者は「例えばドローン技術は、洪水現場では、どの範囲まで浸水したかをいち早く確認することができ、航空機よりも早く救助隊に情報が伝わる」と話す。

 実験場として市が民間企業に提供するのは、矢上川や二ヶ領用水など市が管理する21の河川、平瀬川や五反田川といった県が管理する4つの一級河川(重複河川含む)。

 現場実験にかかる費用は全て企業の負担となるが、企業側は実験現場の確保ができることで自社の技術力向上につながるといったメリットがある。市担当者は「大規模地震で地形が変形した際でも測量を早期に行える技術や人的な効率化など可能性は広がる」と話す。

高津区版のローカルニュース最新6

良質な音色を高津区民に

音楽のまち推進事業

良質な音色を高津区民に 文化

市民館でコンサート

2月28日号

「新ルート、できました」

高津てくてくマップ

「新ルート、できました」 文化

お披露目「散策企画」も

2月28日号

避難訓練、演奏会に250人

避難訓練、演奏会に250人 社会

災害時の対応など確認

2月28日号

市民227人が英国支援

東京五輪ボランティア

市民227人が英国支援 スポーツ

キャンプ地・等々力で始動

2月28日号

「ホタル大きく育ってね」

市民健康の森

「ホタル大きく育ってね」 教育

橘小児童らが放流体験

2月28日号

地域の眼で安全守る

高津・宮前合同パト

地域の眼で安全守る 社会

節目の10回目

2月28日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

残暑お見舞い申し上げます

トレッサ横浜 夏イベント!

8/10(土)横山剣(クレイジーケンバンド)ニューアルバム発売記念イベント他

https://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その3 斉藤 マキ子さん

    2月28日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    2月28日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク