高津区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

民生委員児童委員 市内96人、任期満了へ 高齢化、担い手不足に課題

政治

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 民生委員児童委員の一斉改選が12月に行われ、川崎市では96人が任期満了を迎える。前回改選時は再任の年齢要件引き上げで任期満了による退任者はいなかったが、市内の欠員は200人を超えた。今回は退任者の増加による前回以上の定数割れが見込まれ、担い手不足への対応が急務だ。

 民生委員児童委員は高齢者宅の訪問や子育て、介護に悩む人の相談対応、専門機関の紹介など住民と行政のパイプ役を担う。川崎市では各区で選んだ候補者を市長が厚生労働省に推薦し委嘱を受け、3年に1度、全国一斉改選が行われる。

 市内の委員数は7月1日時点で定数1799人に対し、欠員253人。高齢化が進み、70代の担い手が4割以上を占める。市は前回改選時、再任の年齢要件を75歳未満から例外的に77歳未満に引き上げ、人員確保に努めたが、今年12月の改選で前回再任された96人が77歳以上となるため任期満了で退任する。

 市民生委員児童委員協議会の冨岡茂太郎会長(77)は「各町内会で候補者を集めているが、町内会に入っていない大型マンション等も増え、選出が難しい地区もある。地道に働きかけていくしかない」と話す。

 厚労省によると2017年度、全国の民生委員の年間「訪問・連絡活動回数」は1人あたり約164回、行事への参加など「その他の活動件数」は約114件だった。市内でも「介護との両立が難しくなった」「会議が多い」といった声が聞かれ、負担の重さも担い手不足の一因となっている。

 宮前区で24年間活動してきた老門聰子さん(78)は「欠員が増えると民生委員がいない地区も出てくるため、担当地区に加えて他地区を担わなければならない場合もある」と話す。

 市担当者は「負担軽減のためにも人員確保が重要」とし、市政だよりやウエブサイト等での広報に注力。8月下旬から9月末までは各区の候補者をとりまとめる市推薦会を3回実施する予定だが、状況をみて回数を増やすなどして人員確保に努めていく考えだ。

<PR>

高津区版のトップニュース最新6

地域と共に結成25年

溝口拠点「在宅介護者の会」

地域と共に結成25年 社会

30日に「記念講演会」も

9月20日号

「ハシゴめし」で魅力PR

大山街道沿い飲食店有志

「ハシゴめし」で魅力PR 文化

逸品振る舞う企画実施へ

9月20日号

音楽好きに「発表の場を」

糀ホールコージーコンサート

音楽好きに「発表の場を」 文化

地域に根差し40回の節目

9月13日号

市長と地域活動を模索

区内企業・団体

市長と地域活動を模索 社会

「車座集会」で意見交換

9月13日号

「市民プラザ」開館40周年

区内新作

「市民プラザ」開館40周年 文化

足跡辿る特別展など実施

9月6日号

山尾兄弟が全国V

区内水泳教室所属

山尾兄弟が全国V スポーツ

高校総体、全国JOで快泳

9月6日号

不審者から児童守れ

上作延小学校

不審者から児童守れ 社会

非常事態想定し「対応訓練」

8月30日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その1 山田 義太郎さん

    9月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク