高津区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

ハザードマップ 塗って、貼って、楽しくリスク知る 減災ラボの鈴木さんに聞く

社会

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
「リスクを正しく知り、必要以上に怖がらない」と鈴木さん
「リスクを正しく知り、必要以上に怖がらない」と鈴木さん

 市が昨年行ったアンケート調査(回答数869人)によると「土砂災害や洪水による自宅の災害リスクを把握している」と回答した人は約2割。一方で、「平成30年7月豪雨」で住宅地が大規模に冠水した地域の浸水範囲は、洪水ハザードマップのほぼ想定通りだったという。「ハザードマップはなぜ見られないのか」―。自宅周辺の地図を使い、危険個所を学ぶワークショップを区内で開催する(一社)減災ラボの代表理事、鈴木光さんに聞いた。

地図はどんどん汚して

 「当然ですが、ハザードマップの範囲は高津区。自分の家を探すのは難しく、自分事として捉えにくい。さらに、ひとりで見ても不安しか残らない。『どうしようか』と誰かと話し合える環境で見たいですよね」と鈴木さん。

 そんな視点から鈴木さんが考案したのが「my減災マップ」。自宅周辺の地図(各種ハザードマップ)とクリアファイルを使用し、避難所や危険個所、浸水区域などをシールでマーク、またはファイルに書き込んでいく。縮尺は「自分の家がわかる程度(5千分の1)」、用紙は「持ち帰りできるA3」で作ることが特徴。

 危険個所、避難所までのルートなどを参加者で確認し合う中で、重要な役割を果たしているのが、書き込む、シールを貼るという作業だという。鈴木さんは「この作業が皆さんの“ものを作りたい”欲を刺激するんです。災害と向き合うのは怖いこと。だからこそ、リスクを知る時はひとりではなく、誰かと楽しく対策を考えてほしい」と話し、さらに「きれいな地図は頭に入らない。どんどん汚して」と笑う。

ワークショップの様子(上)とmy減災マップ
ワークショップの様子(上)とmy減災マップ

高津区版のローカルニュース最新6

衣装でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

3カ月、全館休館

川崎市民プラザ

3カ月、全館休館 社会

老朽化のため大規模工事

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

終盤戦イベント目白押し

川崎フロンターレ応援特集

終盤戦イベント目白押し スポーツ

川崎にまつわる企画も

9月24日号

「9月大会」はプロ仕様で

ムサシボウル「新トーナメント」

「9月大会」はプロ仕様で スポーツ

激戦2日間に25人が参加

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook