高津区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した 樋口 愛さん 久本在住 43歳

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

溝口から「世界を笑顔」に

 ○…母親が理事長を務めるNPO法人が、セネガルなどで手洗い指導などの活動を行っているのが契機となり、いつしか「川崎市の子供たちにセネガル文化体験をしてもらいたい」と一念発起。「音楽とファッションの国」ともいわれる同国を身近に感じてもらうため、伝統民族衣裳のファッションショーを先月市民館で開催した。300人を超える参加者で盛況だった催しを「大変有意義でしたね」と満足そうに振り返る一方「(収支は)赤字となってしまいましたけどね」と少し苦笑い。

 ○…前出のNPO法人では、手洗い促進活動に欠かせない「紙芝居作り」などに尽力する。また、ユニセフへ提出する手洗い調査書のイラストを担当したことも。こうしたグローバルな活動の原動力を尋ねると「なんといっても各国の子供たちの笑顔です!」とキッパリ。そこには、セネガルのみならずベトナム、日本で「手洗い」の普及活動を通じて得た、確固たる自信が感じられた。

 ○…幼少期を海外で過ごし、さらに転校も多く各国で暮らしていたため「故郷というものが自分にはありませんでした」とポツリ。そんな人生が一変したのが大学卒業後。入社したのが溝口にある有名デパート。さらに当時、友人の結婚式で出会った後のパートナーも溝口にある寺院の副住職という縁も重なり「純”和”の世界に入る事になりましたね。自分のお墓まで決まっていますよ」と笑顔を見せる。

 ○…いつの間にか43年の人生で最も長く住んだ土地が溝口に。「私にとって故郷といっても過言ではない街になりました。私の理想は『世界の子供たちが笑って過ごせる社会』ですが、まずはこの溝口から笑顔を増やしていきたいです」と抱負を語る明るい表情は、強い郷土愛に溢れていた。

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ジャズ触れる夜にご招待

洗足音大

ジャズ触れる夜にご招待

50組100人に

11月29日~11月29日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク