高津区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

高津区民児委員 人材難か?定員6割 最終推薦会向け確保注力

社会

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 今年12月、3年に1度の改選期を迎える民生委員児童委員の区内推薦者数が9月24日時点で定員の6割にとどまっている。10月下旬に行われる最後の推薦会実施前に区は、「候補者不在の地区の町会、自治会長さんに直接呼びかけていく」と人材確保に注力していく。

 民生委員児童委員は高齢者宅の訪問や子育て、介護の相談対応、専門機関の紹介など、住民と行政のパイプ役を担う。自治会などで構成される地区世話人会が候補者を選出し、区、市の推薦会を経て、市長から厚労省に推薦し、委託を受ける。

 高津区民児委員の定員は主任児童委員14人を含む219人。市の推薦会は4回を予定し7月から9月まで3回実施してきた。区の推薦会は、候補者の選出状況から1回減らした2回実施。候補者は131人にとどまる。

 区担当者は「手続きが完了していない候補者や推薦会後に問合せがあるなど現状でとどまることはない」とするが「委員の仕事の負担感から新任者を出すことが難しい側面もある」と話す。

 前回再任され、12月1日時点で77歳以上となり任期満了で退任する区内民児委員は10人。そのうち後任候補者が選出されているのは3人のみ。

 また、次期改選に向け区は、候補者を選出する地区を新たに5地区増設している。5月から説明会開催などに取り組んできたが、現在、新たな地区から候補者は選出されていない。

4分の1は新任者

 区担当者は「現時点の候補者のうち、4分の1は新任の方。退任以外にも入れ替わる地区もあり、全くなり手がいないということではない。民生委員、児童委員の役割の説明や見える化で知ってもらうことが必要」と話す。

さらに「1度欠員になると候補者があがりにくくなる。不在地区の町会や集合住宅の管理組合など、連絡をとり呼びかけを続けていく」という。

高津区版のトップニュース最新6

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

高津区に広がる支援の輪

台風19号

高津区に広がる支援の輪 社会

寄付や人海作戦も

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ジャズ触れる夜にご招待

洗足音大

ジャズ触れる夜にご招待

50組100人に

11月29日~11月29日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク