高津区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

29日「カルッツ」にて開演 高津区ゆかりの面々も参画 「民話オペラ」いよいよ

文化

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 「川崎市で最高レベル」と評される、市民参加型の手造りオペラが9月29日(日)午後2時から「カルッツ・かわさき」(川崎区)で開演される。

 この日の演目「民話オペラ・宝蓑(たからみの)」は、区内末長在住で洗足学園音楽大学の名誉教授や川崎市市民文化大使などを務める佐藤征一郎氏=今号人物風土記=を総監督に、一流の音楽家や舞踏家がスタッフやキャストとして参画。日本の昔話をベースにした時空を超えたメルヘンの世界を演出。主催となる公演実行委員会(【電話】044・856・7428)の関係者も「身近にオペラの魅力を体験できる機会。ぜひ多くの方にご覧いただければ」と話し来場を呼び掛けている。

公募市民も熱演

 総監督の佐藤氏は元々、海外を拠点とする世界的なオペラ歌手として名を馳せ、帰国後は「かわさき市民オペラ」を創設するなど多方面で活躍。当日は前出の一線級キャストと、公募による市民混声合唱団の競演も見どころとなっており、自身が地元で立ち上げ指導にもあたる「たちばなグリーンエコー男声合唱団」のメンバーなど高津区ゆかりの演者も多数出演予定。さらに「ソーラン節」で知られ溝口に活動拠点を構える民謡歌手の伊藤多喜雄氏が友情出演を予定するほか、スタッフや演者などにも洗足学園の関係者が多く名を連ねるなど、高津区ゆかりの面々がそれぞれの大切な役割を担う晴れ舞台となる。

 チケットは指定席5000円、自由席3500円で販売中。購入方法など詳細問合せは上記実行委員会【電話】へ。

本番を間近に控え高津市民館などでの稽古にも力がこもる
本番を間近に控え高津市民館などでの稽古にも力がこもる

高津区版のトップニュース最新6

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

災害時も日常の食事を

区内有志「減災ガールズ」

災害時も日常の食事を 社会

企業と「調理ジッパー」開発

11月12日号

県初優勝、いざ全国へ

西高津中駅伝部

県初優勝、いざ全国へ スポーツ

市大会からの「逆転」に歓喜

11月12日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook