高津区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊹ 平成30年度一般会計決算について 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

代表質問に立つ

 現在開かれている第4回川崎市議会定例会は、前年度を総括する「決算議会」です。私は9月11日に我が会派の代表質問に立ちました。その一部を紹介します。

 平成30年度一般会計決算についてはまず、保育事業費や高齢者対策費の増加に伴い膨らみ続けている「扶助費」について市の見解を伺いました。扶助費とは、生活に困っている人や子育てをしている世帯や、 障害者などの生活を社会全体で支えるためのお金で、平成30年度の所要額は940億円。これが令和9年度には1200億円になると予測されています。当然、市の財源は無限ではありませんので、その上限の見込みを問い質しました。財政局長からは「上限を見込むのは困難」という答弁でした。

その理由として「長期にわたる客観性のあるデータを確保できない」「今後の制度変更等が想定し難い」などを挙げていましたが、歯切れの良い明確な答弁とは言えませんでした。安定した財政運営に向けしっかりとした健全化計画の構築は必須です。今後も継続して注視・論議を行っていきます。

今後の財政運営に向けて

 また義務的経費の中の扶助費の増加により財政の硬直化が懸念される事から、前年度の決算から見えた課題などを含めた「今後の財政運営等について」の質問も行いました。

 川崎市は人口増加などにより市税収入は堅調に推移しているものの、ふるさと納税による減収や3年連続で普通交付税の「不交付」継続などが響き減債基金から133億円を新たに借り入れるなどとても厳しい財政運営になっている事などを踏まえ「令和2年度は90億円の収支不足になる見込み」と説明。それでも「必要な施策・事業の着実な推進と財政の健全化による持続可能な行財政基盤の構築の両立に向けた取組みが必要と考える」と、答弁がありました。

 市は人口増加や景気の上向きによる増収に頼るばかりではなく、より厳格な姿勢で財政健全化に臨むよう求めて参ります。

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルス感染症〜しっかりとした情報確認を

数値でみる川崎と高津No.57 シリーズ

新型コロナウイルス感染症〜しっかりとした情報確認を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

2月7日号

健康福祉委員会「神戸モデル」を調査

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊼

健康福祉委員会「神戸モデル」を調査

川崎市議会議員 さいとう伸志

1月17日号

深刻化している「空き家」問題

数値でみる川崎と高津No.56 シリーズ

深刻化している「空き家」問題

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月10日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載224回

「くにこ」の県庁見聞録

試練を乗り越えて

1月1日号

台風19号、教訓生かす街へ

市政広告

台風19号、教訓生かす街へ

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

市が懸念伝えたこと自体、表現の自由を侵す

しんゆり映画祭の上映中止問題 市政報告

市が懸念伝えたこと自体、表現の自由を侵す

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

1月1日号

災害から命守る防災対策を急げ

県政報告

災害から命守る防災対策を急げ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その4 大竹 寿一(ひさいち)さん

    2月7日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク